無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

見聞

 瓜生等勝先生の『来嶋又兵衛文書』中の天保15年4月28日の来嶋又兵衛の日記に下記のようにあります。
 
 「早朝より起、支度致し候。相宿に博多の町人泊り鼓の稽古致。其師匠に山伏の坊主来教、此坊主已前は水戸家来にて有之、色々咄し致。又、相宿に刀類商人有之、萬蔵言、見候へども格別望敷者無之ニ付不求候事。夫より久留米出立致」

 武術修行の旅はたんに武術だけでなく、様々な知識・情報を得るための機会でもありました。
久留米の宿で来嶋又兵衛は元水戸藩家来で現在は山伏をしている者と話しをしています。
 何を話したのかは記されていませんが「色々咄し致。」とあることから、多くの知識・情報を得たものと思います。


  1. 2015/11/08(日) 21:25:00|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ