無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

国元よりの便り

 瓜生等勝先生の『来嶋又兵衛文書』中の天保15年4月15日の来嶋又兵衛の日記に下記のようにあります。
 
 「今日、防州岩国之者来り、国元より状を、相伝り披見致し候所、孰も無事之様子承り安心致し候事。刀二本持来、先生方へ相見せ候事」

 岩国より来た者が修行者なのかどうかは、わかりませんが、おそらくは旅の途中に来嶋の家に立ち寄ったか、来嶋の家の者が出会ったかで、文を託したものと思います。
 このように、文を託すことはよく当時の日記にでてきます。
 岩国からの者が刀を二本わざわざ、大石先生に見せているのは岩国の刀鍛冶が打った刀であったからでしょうか。


  1. 2015/11/01(日) 21:25:00|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ