無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

稽古量の数え方

 瓜生等勝先生の『来嶋又兵衛文書』中の天保15年3月29 日の来嶋又兵衛の日記に下記のようにあります。
 
 「稽古帰り風ろ入候事。昼後算用相済シ、宿札ニ札拾匁宛差出候事。晩、酒を呑候事。二月二十九日より今日迄稽古出席数廿八度、面数二百□□三面遣候事。」

 稽古量の数え方を稽古への出席回数と防具着用稽古をした相手の人数で計算しています。「面」というのが相手の人数です。稽古するたびに毎回記録をつけています。
 香川県の金刀比羅宮の江戸時代の奉納額にも何面試合したと記載したものがあったと思います。


  1. 2015/10/26(月) 21:25:00|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ