無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

自分の変化を楽しむ 6

 鞘手・柄手

 面壁八年については延べましたが、かなり上達してからの手直しを受けているときの話です。繊細な動きですが「下がるから上がる」という理が師匠の満足のいくレベルまで体得できていませんでした。何日も繰り返し(その動きだけです)できるようになって次の段階に進ませていただきました。とはいっても今度は鞘や柄に手が触れる際の動きの稽古が延々と続きます。

 稽古はこのように質を高めていくものだということを例示しました。まだまだありますが、この程度で。形の外見をいくら見事に取り繕っても武術という面からみれば意味はありません。内面から変化しなければ自由になることはないものです。

DSC_0477.jpg

  1. 2015/06/20(土) 21:25:00|
  2. 居合 業

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ