FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

島田虎之助

 本日も武道史に関する雑談ですので、軽く読み流してください。
 島田虎之助は勝海舟の直心影流の師で男谷精一郎の弟子にあたります。この島田虎之助の名前が「大石神影流諸国門人姓名録」に記されていることは昨年、第40回日本武道学会で発表した「大石神影流諸国門人姓名録について」の発表資料に載せております。
 推測ではありますが、島田虎之助の名が「大石神影流諸国門人姓名録」に記されているのは豊前中津の一刀流の剣術師範 長沼無双右衛門が大石進と試合し面の不備から眼球をえぐられ、のちに門人ともども大石に入門したということと無縁ではないと思います。
島田虎之助の名は長州吉田から柳川に通い、大石進に入門し、免許皆伝を得た笹尾卯三郎の道場を訪ねた人物の記録「諸国武術御修行者姓名録」にも記されています。「諸国武術御修行者姓名録」は文政5年(1822)から万延元年(1860)ころまで修行者自身がおおむね藩・流名・名前・年月日等の順に記しています。
 以前もこの「道標」に記しましたが長州吉田は山陽道の宿場町です。笹尾道場は現存しませんが街道から十分ほど登った小高い丘の上に道場あとがあり、戦後まで崩れかかりながらも残っていたとのお話を聞きました。
 「諸国武術御修行者姓名録」には島田虎之助関係の記載が以下のようにあります。


豊前中津家中
外他一刀流  堀太郎大夫門人
         嶋田虎之助
豊後立石家中
          佐藤連蔵
   文政十二年
     丑五月



一刀流     嶋田金十郎
        同 虎之助
  天保六年
    未七月廿七日



一刀流   堀太郎大夫門人
         嶋田虎之助
  天保八年     僕一人
    酉九月二十四日



 直心影流  嶋田虎之輔門人
   出羽山形家中  鈴木英佐
    辰(天保一五年)
      四月上旬より下旬まで
             島田虎之助


      東都
 直心影流  嶋田虎之輔門人
   筑州家中  丸尾武策
    同年(弘化二年)
      九月二十八日


 この資料から見る限り天保八年までは一刀流(外他一刀流)を名乗っており、天保一五年にはすでに直心影流として門人をとっていることがわかります。一説に天保9年(1838年)江戸に出て、直心影流剣術の男谷信友の弟子となったといいますので、それを証明する史料ともいえます。

 
 3月30日(日)に一般に公開した自由参加形式の貫汪館居合道講習会を実施します。講習会のテーマは『自由に動く為の大森流の稽古のあり方』です。詳しくは貫汪館ホームページ(←クリックしてください)の無双神伝英信流抜刀兵法 稽古のページを御覧下さい。 

 
 無双神伝英信流抜刀兵法を稽古していただいている劇団夢現舎の公演 No.21『続・遺失物安置室の男』が3月4日まで行われています。東京に出かけられる機会があれば是非、御観劇ください。詳しくは劇団夢現舎のホームページ(←クリックしてください)を御覧下さい。 
  1. 2008/02/29(金) 20:49:23|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ