FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

昇段審査論文 5

大石神影流剣術4段の論文です。


大石神影流剣術指導上の留意点について

1.はじめに
 大石神影流剣術指導上の留意点を述べる前に、まず、大石神影流剣術の成立及びその特徴について再度振り返りたい。そのうえで、大石神影流剣術の技法における指導上の留意点について他流派の伝書も参考にしながら論じることとする。

2.大石神影流剣術の成立
 大石神影流剣術は、大石進種次によって創始された流派である。種次は幼いころから祖父である大石遊剣入道種芳について剣術・槍術を稽古し、やがて愛洲陰流及び大嶋流槍術の免許を受けている(1)。種芳の師は、柳河藩に仕え愛洲陰流と大嶋流槍術槍術を指南していた村上一刀尉源長寛から免許を受け、やがて自身も柳河藩師範役となった人物である。種次によって創始された大石神影流剣術はどのような過程を経て成立されたのかは定かでないが、愛洲陰流及び大嶋流槍術は大石神影流成立のうえでその基礎となった。

3.大石神影流剣術の特徴
 大石進種次は、面や籠手等の防具を改良し、さらに、突き、胴切を工夫して大石神影流と称した。大石神影流剣術においてもっとも象徴的なのは、手数稽古に使用される竹刀の長さである。現在は、稽古に三尺八寸のものを使用しているが、創流当時は、それまで広く用いられていた三尺三寸の竹刀を各自の身長に応じ乳通の長さまで伸ばした。また、手数に突きと胴切を取り入れたことにより、激しい打突に耐えうるよう唐竹製の面を廃止し、新たに鉄の穂の面とするなど防具を改良した。さらに、胴には胴切に対応できるよう竹による巻胴を作り、籠手はそれまでの長籠手を廃し、籠手を短くして腕を覆う範囲を小さくした。

4.大石神影流剣術の技法における留意点
 大石神影流剣術の特徴は上述のとおりであるが、これらの手数を無理・無駄なく的確に行うための留意点を以下に述べる。
(1) 構え
 大石新影流の構えには、「真剣」「上段」「附け」「下段」「脇中段」「脇上段」「車」「裏附け」がある。構えるには、ただ構える動作をするのではなく、臍下での呼吸に動きを乗せることが肝要である。そのためには、深い呼吸で心を鎮めることを意識しなければならない。さらに、動きを呼吸に乗せて自由に動かせるためには、鼠蹊部、膝を十分に緩め、上半身から下半身を貫く中心線(中心軸)を正しく保持しておく必要がある。構を考える前に、江戸時代とは異なり、椅子式の生活になじんで坐することが少なくなった現代では、まずは立位での姿勢から見直さなければならない。武道が競技化された現代でよく立位に見られる「気をつけの姿勢」ではなく、臍下丹田に充実させた気を納め、中心軸を保持して力まずに十分に緩んでおかなければならない。立位ができていなければ、動くことは当然ながら構えることさえもできない。構えについては、各流派とも重要な項目の一つとして考えられており、詳細な教えを残している。以下に柳生新陰流での教えとして、「構えないことが構え」を次のように解説している。

 新陰流が生まれる前の剣術では、まず自分の身を守るという考え方を重視して、構えを大切にしました。しかし、流祖・伊勢守は一つの形に固執しないという「転」の考え方から、自然体で太刀をニュートラルに引っさげた状態、「無形」を基本とします。構えがないのが、構えだというわけです(2)。」

 ここに出てくる「ニュートラル」という言葉だが、これはまさしく稽古において常々森本先生からご指導いただいているとおり、鼠蹊部の他身体の各所に力みがない状態になければならない。また、この状態は構えだけではなく、その後の動きにおいても続けてニュートラルの状態を保持することが必要である。構えについてはさらに、柳生新陰流においては、柳生兵庫助利厳の兵法を記した『始終不捨書』十禁習之事においても同様に「一、面ヲ引ク事(3)」として、顔を引くことを禁止している。これは顔を引くと同時に体が引け、やがて姿勢を崩してしまい、その結果、身体は不自由となるということである。そのようなことにならないよう、顔の位置が重要であることを示している。さらに、宮本武蔵の著した『五輪書』において、剣術の技法を論じている 水之巻にも次のように同内容の教えがみえる。

  一、有構無構のおしへの事
   有構無構といふは、太刀をかまゆるといふ事あるべきことにあらず。され共、五方に置く事あれば、かまへともなるべし。太刀は、敵の縁により、処により、けいきにしたがい、何れの方に置きたりとも、其敵きりよきやうに持つ心也。上段も時に随ひ、少しさがる心なれば中段となり、中段を利により少しあぐれば上段となる。下段もおりにふれ、少しあぐれば中段となる。両脇の構も、くらいにより少し中へ出せば、中段・下段共なる心也。然るによって、構はありて構はなきといふ利也。先づ太刀をとっては、いづれにしてなりとも、敵をきるといふ心也。若し敵のきる太刀を受くる、はる、あたる、はねる、さわるなどいふ事あれども、みな敵をきる縁なりと心得べし。うくると思ひ、はると思ひ、あたるとおもひ、ねばるとおもひ、さわるとおもふによって、きる事不足なるべし。何事もきる縁と思ふ事肝要也。能々吟味すべし。兵法大きにして、人数だてといふも構也。みな合戦に勝つ縁なり。いつくといふ事悪しし。能々工夫すべし(4)。

 ここでは、敵の出方およびその時の状態により、相応の構えとすること、つまり、構えようとする心こそが居付きの原因だとする心の持ちようを教えている。実際の技法として、同書では次のように述べている。

一、兵法の身なりの事
身のかかり、顔はうつむかず、あをのかず、かたむかず、ひづまず、目をみださず、ひたいにしわをよせず、やゆあいにしわをよせて、目の玉うごかざるやうにして、またゝきをせぬようにおもひて、目をすこしすくめるやうにして、うらやかに見ゆるかを、鼻すじ直にして、少しおとがいを出す心也。くびはうしろのすじを直に、うなじに力をいれて、肩より惣身はひとしく覚え、両のかたをさげ、脊すじをるくに、尻を出さず、ひざより足先まで力を入れて、腰のかゞまざるやうに腹をはり、くさびをしむるといひて、脇差のさやに腹をもたせて、帯のくつろがざるやうに、くさびをしむるといふおしへあり。惣而兵法の身をつねの身とする事肝要也。能々吟味すべし(5)。

 特にこの中で重要なのは、鼻筋を通して首をのばし顎はすこし出す事としている。さらに、両肩を下げて背筋を真直ぐにすることを説いているのは、首より上部の状態が変われば姿勢を崩すことにつながり、それゆえに楽な構えができないことになる。これを防止するためにも、顔は若干上向き加減ぐらいがよいとの教示である。これは、稽古時に相手の手、足などの体の部位を注視することにより、視線が下がる結果、頭が下がってしまう動きを見かけることがある。若干上向きにするのは簡単なようだが、かなり意識しなければできない。
 構えのことは多数の流派の書物にその技法等の記載がみられることから、重要項目の一つであることがわかる。ただ単に形作る構えとならないよう十分に気をつけなければならない。

(2) 動き
 古流剣術と現代剣道は別物で、当然ながら動きについてはまったく異なる。同様に打ち方も打つ箇所も当然変わってくるのである。動きについては、文章として表現しにくいこともあり、指導を受けた内容を忠実に稽古し自ら体得しなければならない。
 さて、大石進がどのような動きをしていたかについて、藤吉 斉『大石神影流を語る』によれば、「進はこのような境遇に安閑としていられず、馬を飼うと田畑を耕作して家運の挽回に務めた(6)」)と記されており、また、板井 真一郎の『大石神影流の周辺』でも同様に「大石道場四代目師範となった私の祖父の真澄も常に畑仕事に打ち込んでいた。それは衣食の為或いは体力増進の為もあったであろうが、常々門弟に対し、鍬を握る手が即ち竹刀を握る手で、これが大石神影流の一の訓えであると語っていた(7)」との記述があり、剣術で動きのために特別な稽古をしていたわけではなく、日常生活の延長をそのまま動きとしていたことがうかがえる。つまり、特別な動きをつくらないことである。構えにおける鼠蹊部の緩みと中心線を保持しニュートラル状態にある事が重要であることは先に述べたが、自由に動くためには、その他に両肩を落とし、胸を張らず、腰を屈めずして、身体が動き始めても同様な状態を保たなければならない。ここで、木刀を早く振り下ろそうとか力強く打込もうという考えを排除し、自己満足的な動きは決してしないことである。さらに、正しい動きをするうえで注意しなければならないポイントの一つとして、目付が重要になる。これは、剣術のみならず柔術においてもいえることであるが、ほとんどの初心者では、相手との接点、または自分が次に進む方向に視線を先に送り、必ずしも正しい目付にないことがよく見受けられる。その結果、視線と共に頭の位置が上下左右に振れてしまい、正しく中心線を保持することができなくなる。目付に関しては、様々な流派の文献にその教えを見る事ができるので参考にしたい。特に有名なのは『五輪書』水之巻にいわれる「一 兵法の目付といふ事(8)」で、この中で目付は観見二つの事とある。同様に、柳生宗厳の記した『新陰流截相口伝書事』には、敵の動きを正確にとらえるため、どこを見るべきかを「三見大事 一、太刀さきの事 一、敵之拳の事 一、敵之顔の事(9)」にて、この修業が進んだ後、さらに「目付二星之事(10)」を示すことにより観見二つの目付を教えている。ここでいう観とは心で見ることで、見とは眼で見る事である。すなわち、部分的に見るのではなく、目を動かさず全体を観察して、相手動きを察知する。と教えています。しかしながら、この目付について武蔵は「いそがしき時、俄かにはわきまへがたし。此書付を覚へ、常住此目付になりて、何事にも目付の変わらざるところ、能々吟味あるべきもの也。(11)」と書かれているとおり、重要かつ習得は困難であるといっている。

(3) すべての動作を呼吸に合わせること
 すべての動きの元となる呼吸は、臍下で行わなければならない。臍下で深い呼吸ができれば心は鎮まるはずであるが、心鎮まらなければさらに深い呼吸を意識しなければならない。特に素振りにおける呼吸は、呼吸を深くすることだけを意識的におこない、呼吸に動きをのせる必要がある。普段どおりの呼吸では動きとつながることはない。呼吸に合わせて動くと、身体を緊張させる事なく自然な動きが可能となるが、力任せに刀を振ると、全身を緊張させることとなり呼吸は逆に不自然になる。

(4) 張ること
 大石神影流剣術の手数には、相手の刀を鎬で受けて「張る」という動きがある。臍下丹田を中心とした動きが使えない場合、得てして手首の力もしくは両腕の腕力で張る動作をしてしまいがちになる。張る動きの起点は、中心である臍下丹田からであり、その動きが胴、腕、手から刀へ伝搬されなければならない。そのためにも、伝搬経路上に堅い障害となる身体の緊張による力み、もしくはその逆に、腑抜ければ伝搬経路が絶たれ正確に動けなくなる。いずれにせよ、正しい構え、正しい呼吸からの延長であり、張る動作のために特別な硬い動きを作ってはならない。

(5) 気先のこと
 気先というのは、動き始めた相手の動きに対して反応するのではなく、動こうとする意識の起こりを突くことである。では、そのためにはどうすればよいかについて『兵法家伝初』には次のような教えをしている。

  一、 是極一刀のこと
   是極とは、これ至極也と云ふ儀也。一刀とは、刀にあらず。敵の機を見るを、一刀と秘する也。大事の一刀とは、敵のはたらきを見るが、無上極意の一刀也。敵の機を見るを一刀と心得、はたらきに随ひて打つ太刀をば、第二刀と心得べし。是を根本にして、様々につかふなり。手裏剣、水月、神妙剣、病気、此四、手足の動き、以上五也。是を五観一見と習ふ也。手裏剣を見る、是を一見と云ふ。残りの四つをば、心に持つ程に、観と云ふ也。目に見るをば見と云ふぃ、心に見るを観と云ふ。心に観念する義也。四観一見といはずして五観と云ふは、おしこめて五観と云ひ、其内より手利剣を一見と云ふ也。手利剣、水月、神妙剣、病気、身手足、此五也。此内四をば心に観じて、眼に手利剣を見るを一見と云ふ也(12)。

 ここでは、敵の機をみる事こそが一刀であり、実際に刀をつかうことは第二刀であるといっている。また、「手利剣」とは、「敵の手裏剣―太刀を執る手の内を見る事が肝要である(13)」と教えており、このことは大変困難なれど、相手の全体像をよく観察することにより、相手の動き、または、考え方などのすべてを読み取らなければならないといっている。

5.精神的作用
 技法に対する留意点については上述のとおりであるが、指導を受ける側が素直に動けるか否かは精神的な作用によるところが大きいものと思われる。これは、これまでの指導経験により感じられることであるが、稽古において個人に対する指導する内容は、毎回ほぼ同じことの繰り返しだからである。このことがいわゆる「居着き」で、武道を稽古するうえでの禁忌といえる。
 柳生宗矩著『兵法家伝書』(「殺人刀 上」)に「病気の事」という一項がある(14)。ここでいう「病気」とは、何かをしようとする心のすべてであり、病をなくそうと一心に思うのも病である。さらに、何事も一心に思い込み、それにこだわってしまうのが「病」というものなのであるといっている。仏法を兵法的に「剣禅一如」を説いた沢庵宗彭は、『不動智神妙録』の無明住地煩悩で、「心がとらわれると切られる(15)」といい、「とらわれる心が迷い(16)」といっている。これらがいわゆる「居付き」であり、やがて個人の過剰意識となり相手との関係を失うことになる。その結果、心と体に隙をつくることにつながるのである。同書では、心を居着かせないためには『心を止めないことが肝要(17)』だといっている。これは、稽古における留意点として、構える、動く、呼吸をするなどのひとつひとつを一所懸命にならないこと、また、何かにつけて考えすぎないことを相手に気づかせることが重要だと考える。

6.指導者としての心得
 指導者として指導するにあたり、よく認識しておかなければならない事項の一つとして、指導される側の習得の速さの違いがある。よって、複数の門弟を同時に進行する稽古をさせるべきではない。幕府講武所頭取であった窪田清音の著した『剣法略記』には次の一文がある。

  学び得るに遅速あるの論ひ
   人々は生まれによりては、相ともに怠りなく一事を学びぬるに、かれはまさりて早くことを得わざを得るに、およぶべきともおもへず、腹だゝしくおもひて、なほも怠りなく学ぶに似るべくもあらざれば、はてばてには、そを恥とおもひて、おこたりなどするものあれど、其の実は恥をしらざるなり。早きと遅きは人々の生まれによるわざにてあれば、恥ずべきことにはあらず。たゞ一時の遅速のみにて、ことを得たるうえにいてりては、其のわかちのへだゝりはあらぬことなれば、ひたすらに心を尽して明暮おこたりなく学びを重ぬべきことなり。怠りだにせざれば、終には同じほどに至るべきに、はぢとし怠るはいさましき心なきひが覚えなり。怠るときはいつを時として及ぶべきにや。よく心得てまなばざれば、このひが覚えにひかれて、なし得ることはならざるものなり(17)。

 これは、上達の遅速に個人差があるのは仕方ないが、習う者は現時点で教えられたことをマスターするよう努力するのは当然のことだが、どうしても習得することができない者には、次の段階へ進むことをすべきではないという教えである。大石神影流剣術は、剣道や柔道などの現代武道と異なり、競技や試合がない。そのため、習得するにはスポーツにはみられないほどの長い時間が必要である。しかし、ただ時間をかけて稽古をすれば上達するというものでもない。指導者側は闇雲に次々と手数を教え込むのでなく、指導される側の上達度を細かく見極めなければならない。さらには、指導方法をいろいろ試してみるなどの工夫することも必要だろう。

7.まとめ
 近年、時間の進み方が早く、流行の移り変わりが激しい中、技術的奥深さと複雑さを併せ持つ古武術は敬遠されがちで、どうしても現代武道に走りがちだ。剣術はスポーツではなく、技術の習得が難しいからこそ指導する側もされる側も、稽古には常に真剣であり集中しなければならない。本論文に記載したことを今一度自分自身でもふり返って再確認する必要があると感じた。歴史ある大石神影流剣術を正しく受け継ぎ、ただしく指導するためにも、今後とも更なる精進を重ねて参りたい。

後注
(1) 藤吉 斉:『大石神影流を語る』藤吉 斉、第一版、1963年 38-43頁
(2) 柳生耕一平厳信:『負けない奥義 柳生新陰流宗家が教える最強の心身術』ソフトバンククリエイティブ 初版、2011年5月25日 96頁    
(3) 柳生延春:『柳生新陰流道眼』島津書房 初版、1996年6月1日 168-169頁   
(4) 宮本武蔵著 渡辺一郎校注:『五輪書』岩波書店 初版、1991年1月24日 6-57頁
(5) 同上 45-46頁
(6) 藤吉 2頁          
(7) 板井真一郎:『大石神影流の周辺』フタバ印刷社、初版、1988年 13-14頁
(8) 宮本武蔵・渡辺 46-47頁
(9) 柳生延春 32頁
(10) 同上 34頁
(11) 宮本武蔵・渡辺 47頁
(12) 柳生宗矩 渡辺一郎校注:『兵法家伝初 付新陰流兵法目録事』岩波書店、初版、1985年8月16日 75-76頁
(13) 柳生延春 62頁
(14) 柳生宗矩・渡辺一郎 51頁
(15) 沢庵宗彭 池田諭訳書:『不動智神妙録』徳間書店 初版、1970年10月15日 25頁
(16) 同上 27頁
(17) 窪田清音:『剣法略記』新人物往来社 初版、1995年7月10日 468頁


参考文献
藤吉 斉:『大石神影流を語る』藤吉 斉、第一版、1963年 
宮本武蔵著 渡辺一郎校注:『五輪書』岩波書店 初版、1991年1月24日
窪田清音:『剣法略記』新人物往来社 初版、1995年7月10日
板井 真一郎:『大石神影流の周辺』フタバ印刷社、初版、1988年
沢庵宗彭 池田諭訳書:『不動智神妙録』徳間書店 初版、1970年10月15日
柳生耕一平厳信:『負けない奥義 柳生新陰流宗家が教える最強の心身術』ソフトバンククリエイティブ 初版、2011年5月25日
柳生宗矩 渡辺一郎校注:『兵法家伝初 付新陰流兵法目録事』岩波書店、初版、1985年8月16日
柳生延春:『柳生新陰流道眼』島津書房 初版、1996年6月1日


<DSC_0564.jpg
  1. 2014/10/22(水) 21:25:17|
  2. 昇段審査論文

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ