無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

業への素直さ

 12月23日(土)、廿日市天満宮において本年最後の奉納演武を行いました。昨年の大雪とは違って今年は暖かく感じられるほどの気温の中での演武でした。

 演武では柔術を稽古する子供達の業の素直さが特に印象に残りました。
 子供達にとっては体重が自分の何倍もある相手を投げなければならないという心の力みから、どうしても腕力を用いようとして技が決まらない事が多いのですが、今回の演武はほとんどの子供達が心の力みなく、そして体の力みなく素直に技をかけていました。結果として、子供達は腕力を用いることなく、自分の体重を上手く利して理のある動きができ、自然に相手を制することができていました。子供達にとっては、何故業が掛かったのか不思議であったと思います。
 演武前に「神様は素直な心を見ておられます。上手に見せようとしても、格好良く動こうとしても全て見抜かれてしまいます。拙くても良いから一年間稽古してきた素直な心で演武し、素直な心を見て頂きなさい。」と話していたのを心に留めて演武してくれたのだと思います。
 この業への素直さは、居合においても、またしかりであり、正しい抜付けや斬撃、血振るいができたときには、全くと言って良いほどに、体(筋肉)に実感が残るものではありません。「抜付けた」「振った」という生の実感はほとんどが体の力みであり、実感を求めていては、上達からはますます遠ざかってしまいます。
 柔術を稽古されている大人の方も、居合を稽古されている方も、今回の子供達の演武を参考にし、稽古に励まれてください。


 H.Pの柔術の行事のページに厳島神社奉納演武の写真をアップしました。
  1. 2006/12/28(木) 00:39:15|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ