FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

第6回現代龍馬学会

 第6回高知県立坂本龍馬記念館・現代龍馬学会総会・研究発表会が5月17日(土)に開かれました。
下記のような内容で発表が行われ、私も出席して聴講してきました。

午前の部(10:00~)
①網屋 喜行 氏(鹿児島県立短期大学名誉教授、吉田孝継子孫)「明治維新の変革と『吉田東洋』一族の生き方・『本家』の孝継と『分家』の正春について」
②加藤 貴行 氏(「花月史」著者、長崎龍馬会主任講師)「幕末維新期の長崎について」
③神谷 良昌 氏(沖縄ジョン万次郎会会員)「琉球に上陸したジョン万次郎」

午後の部(13:25~)
★基調講演 長宗我部 友親 氏(長宗我部家十七代目当主)「坂本龍馬と長宗我部元親」
⑤植田 英 氏(現代龍馬学会会員)「龍馬のもう一人のお祖父ちゃんの墓所」
⑥渡辺 瑠海 氏(エッセイスト)「坂本乙女・はちきんの武士道」
⑦三浦 夏樹(高知県立坂本龍馬記念館学芸員)「坂本龍馬の倒幕論についての一考察」

 吉田東洋の直系の御子孫が昨年なくなられ、絶えてしまった事。長宗我部元親の弟の家は山内家に使えて幕末にいたったことなど驚くような事実がありました。
 最後の「坂本龍馬の倒幕論についての一考察」 では龍馬が武力倒幕を考えていたかどうかについてでしたが、いまだ結論はでていませんでした。しかし、私が考えるに坂本龍馬の1側面が死の商人であること。第2次長州征伐で幕府側の軍艦に大損害が出ている(死人が多く出ている)のを喜んでみているところなど、とても平和主義者だとは思えないところがあります。

 お昼には長宗我部火縄銃鉄砲隊の演武がありました。
teppouDSC05816.jpg
  1. 2014/05/21(水) 21:25:50|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
ご質問のある方は貫汪館ホームページに記載してあるメールアドレスからご連絡ください。記事へのコメントではアドレスが記されてないため返信ができません。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ