FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

大石神影流の演武について

 4月5日の貫汪館本部講習会と4月6日の広島護国神社奉納演武会のお知らせを貫汪館ホームページのお知らせのページに載せました。ご確認ください。

 大石神影流の演武では正式な演武において刃引を用いることもありますが、鞘木刀で代用いたします。したがって大石神影流を稽古しておられる方は木刀の鞘は必ず準備してください。刃引の代用ですので可能であれば栗形をつけ、下緒もつけてください。作成方法は様々で市販の物を2本つなげても良く、革鞘を作成してもよく、塩ビで作成されても構いません。和紙に羽牛を塗り固めて本格的に作成された方もおられます。
 また、正式な演武に際しては脇差または短刀をさしますので、真剣を所持していれば鯉口のしっかりした真剣を、模造刀を所持していれば模造刀を用いてください。大石神影流の稽古に用いる小太刀の寸法はおおむね総尺1尺8寸、刀身1尺3寸2分、柄4寸5分、鍔と切羽の間3分です。これに近い脇差があればそれにこしたことはありません。
 木刀で演武する時には革鍔を用いてください。プラスチックの鍔は安価ですが、どうしてもそれなりの演武にしか見えません。紋付で演武しているのに足元は白いソックスという感じになってしまいます。

父の家の紅梅です。
koubaiDSC05011_201402232106088d0.jpg
  1. 2014/02/25(火) 21:25:57|
  2. 剣術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ