無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

鯉口・居合

 渋川一流柔術では、相手がすれ違いざまに抜付けに斬り付けようとするのを捕る形のグループを「鯉口」といい、上段から斬り下ろして来るのを捕る形のグループを「居合」と言います。
 今日はまもなく中極意を授けねばならない二人の方が稽古していましたが、随分難しそうにされていました。
 最も大きな原因は二人とも刀が使えていないという所にあります。「鯉口」で抜きつけようとする「受」の木刀の握りが強く体ががちがちになっており、あれでは抜付けることは出来ませんから、当然ながら相手の抜付けの初動を利用して技を掛けることは出来ません。また、「居合」において「受」の斬りおろしも不十分であるため、「受」の動きを利用して技を掛けることも、相手の動きはじめにのって技を掛けることも難しいと思います。つまり形の用件を満たしていないのです。この段階の稽古に至っては、お互いに刀を扱うことになれる必要があります。自分で時間を見つけ、居合の稽古をされることを望みます。

 子供達の意治稽古において大人の方に懐剣を用いていただき、突き、斬りかかって頂いています。もうよくご存知でありますが、この稽古の時けして妥協して技を掛けさせないで下さい。子供達の多くが、突き、斬りかかる動きをかわし内に入ることが出来るようになっているのですが、相手の手をとった瞬間に技をを掛けようとして居着いています。このいついた状態を看過して容易に技を掛けさせていると、「これでいいのだ。」と思い、万が一のことが起こった場合に子供達は本当に対処することが出来なくなってしまいます。心を鬼にして稽古をつけてやってください。

 初心者の大人の方の稽古では、無理無駄な力を抜くことに苦労されていたと思います。体を力ませ、力を用いねばかからない状態であれば、無理をして技を掛けようとせず、どこに原因があるのかを見つけてください。正しくない動きを重ねてしまえば「習い性となる。」の言葉どおり抜け出せなくなってしまいます。
  1. 2008/01/19(土) 20:40:12|
  2. 柔術 業

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ