FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

幹部候補生学校 2

 この写真はグランドです。向うに見えるのが学生隊舎です。朝、起床と同時にこのグランドに走って出て点呼の後に約1.5kmを走りました。はじめは体が慣れませんでしたが、そのうち何ともなくなりました。居室に戻ったら、ベッドの上の毛布を狂いなくたたんで重ねなければなりません。
 夕食後には、隊舎に向かって大きな声で号令調整をし、頭の中で部隊を指揮する練習をしましたが、そのころから私の声は大きかったような記憶があります。その当時はこんなに整備されたグランドではありませんでした。
 ここで基本教練や自衛隊体操を仕込まれ、射撃の基礎の訓練も受けました。行進の練習も何度も行われ、指揮官として行進しながら「頭 右」の号令をかけるタイミングも覚えました。
 また、初めての戦闘教練で、区隊長や助教による展示の後に、何も教えられることなく「森本候補生、分隊長として指揮せよ」と命令されたことも記憶にあります。指揮の後に「よくできた。」と区隊長からお褒めの言葉をいただきましたが「最後の号令は「突撃に前へ進め!」ではなく「突撃に進め!」だと教えていただきました。最後は着剱して突撃しました。
 その区隊長も、もう随分間に築城基地で業務隊長をされていたときに過労死されています。お世話になったのにお会いできません。

7DSC02913.jpg
7-1DSC02918.jpg

 次の写真は武道場です。ここでは主に柔道剣道の授業が行われました。私は銃剣道を選択していたので体育館で稽古があり、この道場を利用したのは個人的に居合の稽古をしたときと、徒手格闘の教育を受けた時くらいです。土日の休みの日に武器ロッカーに預けていた自分の居合刀を取出し、一人で気が済むまで稽古しました。夕方になり暗くなり始めた時に電灯をつけずに稽古するのが一番心が静まっていたように思います。
8DSC02915.jpg
9DSC02917.jpg

 幹部候補生学校にいた頃の高い志を持って生活した記憶がよみがえり、武術修行に専念するために依願退職した時の気持ちと今の自分を振り返り、「このままで死んではならない。」という思いを強くしました。

 5月4日の下鴨神社の奉納演武と5月5日の白峯神宮の奉納演武のプログラムを載せました。小さな画像をクリックしていただくと大きくなります。両日とも無雙神傳英信流抜刀兵法と澁川一流柔術も演武致します。
shimogamoimg204.jpg shiramineimg203.jpg

  1. 2013/05/02(木) 21:25:25|
  2. 未分類

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ