無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

精神論

 伝統文化活性化国民協会の会議に参加しました。
 剣道を指導されている先生のお話を聞いていると、精神論が先にたち、子供たちがたとえ稽古を中断したとしても、それまでに養った武道の精神性は将来にわたって残るという趣旨のお話をされていました。
 貫汪館では無双神伝英信流と渋川一流という古武術を稽古いたしておりますが、私は武道の精神はそんなに簡単に身につくものではないと考えています。ただ礼儀作法を身につけるだけなら何も武道をする必要もなく、囲碁や将棋、宗教教育であっても身につきます。
 廿日市スポーツセンターを稽古のための道場として利用していて思うことは、剣道や柔道の先生方は日曜日に大会をされるのにもかかわらず、土曜の昼間から準備をして数時間で終わらせ、夕方にもならない時刻から道場が使われることもなく放置されている現状や、とにかく場所を確保してという発想から、メインホールで大会をするにもかかわらず、前日から武道場を控えの場として借り上げている現状をみると、柔道の「自他共栄」という言葉は所詮、柔道仲間の間だけの自他共栄であって、他の団体の活動場所を奪っているのではないかという配慮は全くなく、剣道も「礼」をうたい文句にしていても他者に対する礼は全く念頭にないのだと感ぜざるを得ません。他者に配慮があれば、合気道やその他の武道のように大会当日の早朝に準備をするという発想がもてるはずです。
 私は武道の精神性というものは業が身につかなければ決して身につくものではないと考えています。平時の「礼」は戦時の「業」と密接不可分なものであり、「礼」が保てなければ争いが生じ、戦いの技を身に着ける者は戦いに至らせないための礼もまた必然的に身に着けるべきものであると考えています。武術の稽古の目標は心も体も自由になることですので、このことなしに精神のみを論じたとしても、それは武道の修行によって身についたものであるとは決して言えません。
 貫汪館の皆さんは稽古なしでの精神論は無用と心得てください。
  1. 2006/12/01(金) 00:07:55|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ