FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

劇団夢現舎講習会 感想文 4

 劇団夢現舎の俳優の方からの居合講習会の感想文の4回目です。

 「先日は稽古をつけていただいて有難うございました。大変有意義な時間をすごさせて頂きました。
 第1回の稽古の際に教えていただいた構え方。相手の気を受け、背中に通しそれをお尻まで落しして、丹田から切先に通す。このイメージをやっと感じられるようになりました。
 動こうとすればするほど、どうしても力が入ってしまう。相手の勢いが強ければそれだけ力が入ってしまう。すると刀を腕の力で持ってしまうようになり、上半身に力が入ってしまいます。相手の気を背中に通し、お尻から丹田に通すことで、上半身の重さを丹田で支えられるようになる。
 言うのは簡単です。ですが、やはりいつでも、この丹田で体重を支えられるようになる為にはもっと稽古が必要だと思いました。普段、生活している中で丹田で体を支えることを意識しようと思います。
 「腑に落ちる」という言葉がありますが、芝居でも相手の言葉を受けて、それをきちんと腑に落としていないと(納得していないと)返す言葉がうそ臭くなってしまいます。僕はまだ、相手の芝居をきちんと受ける事が出来ていないので嘘臭い、軽いと、いつも演出家に言われます。太刀打の稽古でも相手の気をきちんと受けて腑に落としていないと、形が乱れてしまうと今回教わり、これは芝居でもつかえるなと思いました。
 また、相手に剱を振るさい、存在を相手にぶつけるようにすると教わりました。剱を降ろうとするとどうしても力が入ってしまうように、芝居でもセリフを言おう言おうと思うとだめになります。その思いを、存在を相手にぶつけるという心積もりが良いのだと改めて思いました。
 お陰様で、本当に勉強になりました。いつかまた、稽古をさせてもらう日を楽しみにしております。まだまだ未熟者ですが、何卒よろしくお願い致します。本当に有難うございました。」


 9月30日(日)に行う無双神伝英信流 居合道講習会の案内を貫汪館ホームページの無双神伝英信流の稽古のページに載せましたのでご確認ください。他流派、他道場の方や一般の方にも公開して行う講習会ですので柔術の初心者の方も御参加ください。
  1. 2007/09/19(水) 17:50:15|
  2. 居合 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ