無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

目付け

 昨日の渋川一流柔術の稽古で初心者の方の動きを見ていましたが、気になったのは「目付け」でした。
 「目付け」とは自分の目線を受(相手)の何処に置くかということですが、我師 畝重實嗣昭先生は「目は相手の目に付けます。目には心の全てが表れるものです。」と明確にお教えくださり、相手の目を中心に相手の動きの全てと心の動きを読むことの大切さを示されました。流派によって目の付け所は様々ですが、渋川一流においては相手の目につけると心得てください。
 初心者の方はどうしても目の前の相手の突いて来る拳に目を奪われ、拳にのみ目を付けてしまいがちです。まず、相手の目を中心として全体を見るという稽古を積んでください。そのために拳を取ることができなくても、それは稽古の過程であると覚悟して、ゆっくりとしっかりと稽古を積むことが大切です。また、以前にも述べましたが、相手の心を読むことは自分の心眼によっておこなわれます。事象面のみにとらわれることなく、その裏にある心の働きを感じる稽古を目付けの稽古を通じて行ってください。
 無双神伝英信流の稽古もまた同様です。一人で行う形稽古であっても、自分の刀の切先に目が取られたり、手元に目が取られたりしないように、しっかりとした想定をもってください。また太刀打の稽古も、形稽古であり決まった手順を行ってはいますが、相手のいかなる変化にも応じられる動きを内包していなければなりません。そのために相手の動きと心を読む目付けは非常に重要な稽古の課題です。工夫してください。

 ホームページの無双神伝流と渋川一流の行事のページを更新しました。 
  1. 2006/11/14(火) 12:50:25|
  2. 柔術 業

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ