FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

体のつながり―弛み・硬直

 昨日の無双神伝英信流の稽古をみての感想を記します。
 複雑な形になればなるほど、どうしても手先から動こうとされ結果として体がひずんでしまう事があります。人間は手先のほうが器用なので、難しいと感じたらまず手先からと無意識のうちに思ってしまうようです。
 しかし、それでは力を入れない力強さは決して生まれるものではありません。全ての動きはあくまでも中心から発しなくてはなりません。もし、できていないのならば、できないのならば、歪みがわからないのならば、自分が自分の体を認識できるスピードを越えて動こうとしているのです。形稽古の意義は動きの本質的な質を高めることにあるのですから、いくら速く動けても中身が伴っていなければ、無意味であるどころか、上達の妨げにしかなりません。
 此処で、中心からの動きといいましたが、その動きが少しづつ切先に伝達されるのだとは考えないで下さい。そのような動きにはタイムラグができて、いくら中心が働いたとしても、結局遅い動きにしかなりえません。体の各部に弛み無く、しかし硬直無く、そのような状態が維持できていれば中心の動きが同時に切先の動きにつながっていきます。決して外見を真似ようとせず、よくよく自分の動きを工夫されてください。

 9月30日(日)に行う無双神伝英信流 居合道講習会の案内を貫汪館ホームページの無双神伝英信流の稽古のページに載せましたのでご確認ください。他流派、他道場の方や一般の方にも公開して行う講習会ですので柔術の初心者の方も御参加ください。
  1. 2007/09/14(金) 21:44:40|
  2. 居合 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ