FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

乱正

 大石進の突技には槍術の影響があったと指摘される事があります。
柳河では槍術と剣術の師範を兼ねる者が多くいました。大嶋流槍術と愛洲新影流(新陰流)は村上一刀という一人の人物によって伝えられましたのでこの二つの槍術と剣術は以後同一の師範によって伝えられています。大石進も大嶋流槍術と愛洲新影流を村上一刀の弟子である祖父の遊軒から伝えられています。
さて、大石進の突技が槍術に由来するものかどうかはさておき、村上一刀という人物によって槍術と剣術が伝えられたために、村上一刀の段階で既に大嶋流槍術と愛洲新影流剣術には理の共通化が見られるように思います。その一つが道歌にも見えていますが、大石進はさらにこれを進めたのではないかと推測できます。その一つが「乱正」です。
『大嶋流鎗術鑑乾巻聞書』に「・・・乱正ハ文字ノ通リ敵ノ實シタルヲ乱スナリ」とあり、乱正とは鎗先を敵の表裏に動かす動作を言います。その目的は敵を乱すことにあります。
 一方、大石神影流においては「天狗抄」に敵がこちらを乱そうとして乱正するに対して、技を掛ける手数(形)があります。大石神影流剣術の場合には切先を左右に動かすのではなく、上下に動かします。大嶋流では敵に対して乱正するのですが、大石神影流では敵が乱正してきます。大石神影流での用語も大嶋流同様に乱正という言葉が用いられていますので大石進において槍術と剣術の理の共通化を見て取る事ができる一事象だと考えられます。

 裏庭に長男が小学生の頃に植えたチューリップが今年も咲きました。何の手入れもせずほったらかしですが毎年花咲かせてくれます。
 今朝掘った筍です。今年は寒い日が長く続いたためか例年に比べ出てくるのが遅いように思います。
チューリップ1DSC00118 タケノコDSC00117


 次回の貫汪館居合講習会は5月22日(日)を予定しています。講習は大森流や英信流表の難易度の高い形について行う予定です。詳細は後日お知らせいたします。

 4月30日(土)の稽古は前倒しして4月29日(金)に行います。稽古時間は午前9時~12時までです。場所は廿日市スポーツセンター武道場ですのでお間違えのないようにしてください。

 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場の稽古は毎週水曜日 荘島体育館 軽運動室 19時~21時です。興味のある方は 無雙神傳英信流抜刀兵法 久留米道場の《稽古日時・場所》に記してある連絡先からご連絡ください。
 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場のホームページ(←クリックしてください)です。
  1. 2011/04/16(土) 21:11:15|
  2. 剣術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ