FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

渋川一流柔術 畝重實嗣昭先生のお墓へ参りました

 昨日、渋川一流柔術の師 畝重實嗣昭先生のお墓参りに行ってきました。
いつも、お墓参りの前に先生の御長男の住んでおられる御家にお伺いし、仏壇にお供えをしてから御墓参りをしています。その御家で渋川一流柔術の稽古を付けていただきましたので、なんとも言えず、懐かしいというより、今でも先生のおられる場所のような感じがします。
 先生のお墓は坂町の小高い岡の上にあり、そこからは瀬戸内海を見渡すことができます。先生がなくなられて以来、墓参を欠かすことはなく、常に身近におられ、見守ってくださるのを感じています。
 先生は夏に御中元を、冬に御歳暮をお持ちした際、また、どこかに出かけた時にお土産をお持ちした際に、よくご自身の経験をお話くださいました。
 「森本君はよくありがたいものをもってきてくれるが、私も師匠の車地國松先生にはお中元、お歳暮を欠かしたことは無かった。先生はお歳をめされてからは、あまり出歩かれなくなられたので、先生にとって必要な物、喜んでいただけるものを考えてお持ちした。時々、仕事の帰りにも、いい刺身があれば『先生、今日はいいお刺身がありました』といってお持ちし、いい西瓜ができれば冷やしてお持ちした。喜んでいただけるのが何よりだった。」と。
 私も、奥様を先になくされた先生にとって体に良いもの、美味しい物、必要な物を選んでお持ちしていましたので、私の思いをくんでお話になったのだと思います。

 先生は安易に弟子は取られませんでしたが、私には「師弟といえば親子も同然、子が困っている時に親が助けるのは当たり前の事。」とお話くださり、本当によくしてくださいました。私も実の親以上に思いお仕えしましたが、至らぬことばかりでした。
 先生がお亡くなりになったあと、お嬢様が「父は晩年になって『いい弟子ができた。いい弟子ができた。』と喜んでいました。」とお話くださった事がすくいです。

8月16日(木)は居合の稽古を通常通り廿日市市スポーツセンターで行います。ご見学の方はお越しください。


 9月30日(日)に行う無双神伝英信流 居合道講習会の案内を貫汪館ホームページの無双神伝英信流の稽古のページに載せましたのでご確認ください。一般の方にも公開して行う講習会ですので柔術の初心者の方も御参加ください。



  1. 2007/08/14(火) 18:08:58|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ