FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

流名

 無双神伝英信流抜刀兵法と渋川一流柔術の初心者の方は自分が稽古する流派の流名について迷われることがあるようですので再度確認をしておきます。
 まず、無双神伝英信流抜刀兵法ですが、公的には旧漢字の無雙神傳英信流抜刀兵法を用いており「むそうしんでんえいしんりゅういあいへいほう(ひょうほう)」と読みます。細川義昌先生には御二人の免許皆伝の弟子がおられ、一人は植田平太郎先生で私達の流れへつながりますが、もう一人は中山博道先生で、ご自身の工夫を加えられ、はじめ無想神伝流を称され、現在は一般に夢想神伝流と呼ばれています。夢想神伝流は中山博道先生から全伝を授けられた方は少数であったようですが、多くの方が自分の習ったところまでを伝授され、全国的に大きな流派となっていますので「むそうしんでんりゅう」という流派名のみを音に聞いて、私達と同じ流派だと早とちりされないで下さい。内容は大きく異なっていますので、見て間違われる方はおられないとは思いますが・・・。また無双直伝英信流もあり、これは土佐における居合の歴史が長いためにいくつかの分流が生まれたためで、やはり無双神伝英信流とは異なっていますので、ご承知置きください。
 余談になりますが、一般には土佐では居合は谷村派(無双直伝英信流)、下村派(無双神伝英信流)の2派に分かれたと思われていますが(この派といういい方も当時あった言い方ではないのではないかと思いますが)、現在につながっているのがこの二つの流れというだけなのであって、今回の調査で分かったことですが、幕末の居合導役が知られているよりも数多くおられたことから、実際には多くの分流があったと思います。
 次に渋川一流柔術ですが、これも公的には伝書に記されている旧漢字の澁川一流柔術をもちいており、読みは「しぶかわいちりゅうじゅうじゅつ」です。貫汪館で稽古している渋川一流柔術は幕末に首藤蔵之進満時が渋川流と難波一甫流、浅山一伝流を合して創流したもので渋川流とは異なった流派ですのではっきりと区別してください。流祖は首藤蔵之進満時であり伝書にも首藤蔵之進の弟子が奉納した額にもそのように記されています。
 現在、渋川流は大阪に現存し、稽古を続けられていますので、くれぐれも失礼の無いようにお願い致します。
 また、渋川一流は古い時代(戦前)に稽古された方は(もうほとんどおられなくなりましたが)通称として会話の中で「シブカワ」とだけ言われた方もありますので、混乱されないようにしてください。

 9月30日(日)に行う無双神伝英信流 居合道講習会の案内を貫汪館ホームページの無双神伝英信流の稽古のページに載せましたのでご確認ください。一般の方にも公開して行う講習会ですので柔術の初心者の方も御参加ください。
  1. 2007/08/09(木) 17:16:33|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ