FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

調査旅行

 8月3日(金)から本日7日(火)まで高知県に武道史の資料調査に行ってきました。
高知城


 目的は私達が稽古する無双神伝英信流抜刀兵法に関する調査と大石神影流の初代大石進門人である四万十市(旧中村市)の樋口真吉に関する調査です。
 8月3日(金)は早朝から出発する予定にしていたのですが台風の影響でフェリーが欠航しておりまた、風が強く愛車のZRX1200Sも風にあおられそうでしたので、のんびりと出発、結局ファリーのったのが11:30でそれから約2時間の船旅、松山堀江港に着いてから約3時間のバイクでの四国縦断で結局、高知に着いたのが午後4時半、高知県立図書館で7時まで江戸期の文献の調査をしてから、図書館の司書の方に教えていただいた「ぽかぽか湯」に入浴、夜は伊野町の仁淀川河川敷にテントを張って宿泊しました。
niyodogawa.jpg


 翌、4日(土)は一日中、高知県立図書館で文献の調査をして、また「ぽかぽか湯」に入浴、夜は前日と同じく伊野町の仁淀川河川敷にテントを張って宿泊しました。
 5日(日)は日曜市を歩いて午前中は高知県立図書館へ、午後は山内宝物資料館の学芸員さんのお話を伺いに同所へ赴きました。学芸員さんとは事前に電話でお話していましたので、史料目録や目録に載っていない文献のリストの準備をしておいてくださり、その結果、史料の閲覧申請を書き、火曜日に史料閲覧をさせていただくことにして、その足で高知市立自由民権記念館に向かいました。自由民権記念館でも学芸員さんが快く対応してくださり、私の疑問点には後日回答してくださることになりました。
 午後4時過ぎて四万十市に向かい日没前に四万十市に到着、四万十市では二期作の稲刈りがなされている田もあり、また2回目の苗が植えられている田もありました。
nae.jpg


 四万十市に着いて、そのまま海岸近くの「四万十いやしの湯」に入浴、四万十川河川敷にテントを張って朝まで過ごしました
shimanntogawa.jpg


 6日(月)は四万十市郷土資料館で樋口真吉の史料調査、武道史の面からみて面白い史料がたくさんありました。一日では時間が足りなかったので、再度訪れる必要があります。6日の夜はまた高知まで走り、「ぽかぽか湯」に入浴、いつもの伊野町の仁淀川河川敷にテントを張って宿泊しました。前々回の高知での調査でも同じ場所に泊まりましたので仁淀川河川敷には5泊したことになります。
 7日は山内宝物資料館に行き、史料の閲覧と撮影を済ませ、再び山越え、フェリーに乗って、さらにバイクを走らせて廿日市に戻ってきました。
 今回の調査旅行はバイクの車検後ということもあり、走行は非常に楽でしたが、2回目の車検なのにもう8万キロ近く走っており、タイヤ交換や部品交換に相当な出費がかかり、さらに自賠責保険、任意保険と出費、前回の柳川調査や長崎行きの時のETC走行、ガソリン代の請求もあり、この夏はこれ以上の行動は金銭的に不可能になってしまいました。
 しかし、調査を進めれば進めるほど、さらに調査しなければならないことが増えてきます。資金と時間が足りません。
 調査の成果は少しずつ、お知らせしていこうと思っています。

  1. 2007/08/07(火) 21:14:48|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ