FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

代々背がまえがかる

 師によれば大石家の人は代々背が前がかるのだそうです。これは代々剱を振り続けてきたからだろうと言う事でした。つまり胸を張った姿勢ではないということです。
 現代人の姿勢は明治維新以降の国民皆兵の中で形作られてきました。江戸時代の武術家の肖像画を見ればわかることなのですが、江戸時代に書かれた塚原卜伝や伊藤一刀斎、小野次郎衛門、宮本武蔵、男谷精一郎、千葉周作などの肖像画はみな背が前がかっています。
 西洋化された現代的な感覚でみれば背がまえがかっていると感じられても当時にあってはそれが普通であったのだろうと思います。大石家代々の師範も明治維新以降の感覚で判断すれば背が舞えがかっていたと言う事なのではないかと思います。
 私自身も自衛官であった時のような背筋の状態で刀を用いろと言われれば全く異なった動きにならざるを得ません。

 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場の稽古は毎週水曜日 城南中学校剣道場 19時~20時45分です。興味のある方は 無雙神傳英信流抜刀兵法 久留米道場の《稽古日時・場所》に記してある連絡先からご連絡ください。
 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場のホームページ(←クリックしてください)です。
  1. 2010/07/31(土) 21:25:14|
  2. 剣術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ