FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

変質

 剣術の師匠に先生が幼少の頃の防具着用の剣道の試合についてお伺いしました。先生が小学生であった頃は戦中、戦後ですのでそう遠い昔ではありません。
 一本の基準は打ち込んだ後、相手に切っ先をつけて残心をとったときのみで、相手に切っ先をつけなければ一本とはならなかったとお話しくださいました。つまり、面なり小手なりを打ち込んでその余勢で敵の方に進んでいくという動作は問題外であり、間違った動きとされていたわけです。以前記した中山博道の話と共通するものがあります。防具着用の剣道であっても、剣道とは文字通り剣=刀を用いて行う武術であるという意識が残っていたのだと思います。
 今は一斉に空間を打突させてその余勢を利用して体育館の端から端まで継足で走らせています。60年少しばかり前とも動きが異なっている現代剣道を日本の伝統文化として中学校で必修化するというのですから何かがくるっています。頭脳明晰なはずの文部科学省のお役人がこのような事実を調査しなかったはずはありません。裏には何か表向きとは違う表に出せない理由ががあるに違いありません。

 貫汪館居合講習会を7月11日(日)に開催いたします。今回の講習会では太刀打・詰合を中心に稽古します。貫汪館HPの無雙神傳英信流抜刀兵法の稽古のページを御覧になり、どなたでもご参加ください。 

 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場の稽古は毎週水曜日 城南中学校剣道場 19時~20時45分です。興味のある方は 無雙神傳英信流抜刀兵法 久留米道場の《稽古日時・場所》に記してある連絡先からご連絡ください。
 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場のホームページ(←クリックしてください)です。 
  1. 2010/06/23(水) 21:25:59|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
ご質問のある方は貫汪館ホームページに記載してあるメールアドレスからご連絡ください。記事へのコメントではアドレスが記されてないため返信ができません。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ