FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

浮腰に成安きもの気をつけて 腰をば重くすべて取べし

浮腰に成安きもの気をつけて 腰をば重くすべて取べし 

 この歌も定善流の伝書に記されている和歌です。
 形の稽古で、技を掛けよう掛けようと思い心が定まらない方は腰が浮いてしまいます。また相手を下方に押さえたときに力任せになる方も腰が浮き、かえって相手に技を返されてしまいます。重心が定まらず腰が浮く方に、そのような状態であることを指摘するとただ体を力ませ、固めるだけの初心者の方もおられます。工夫して稽古しなければできるようにはなりません。
 解説には以下のようにあります。
「兎角浮腰に成安き物にて候 能おもくすえ候事肝要にて候 何事の業を成にも上に登りたがる物にて候 上ずりに成下はぬけたがる物にて候 能御心得可有候 此心にて候へば敵我上にのり来たり候時杯我身をしじまり敵の浮き腰を足にて成とも手にて成ともすかしてはね候へば能行物にて候 我又敵を取伏たる時就中腰に気を付重く敷詰候事専一にて候 人の上に心もなく打乗りなどしたる分にては乗りては居られぬ物にて候 腰と申候得ば腰計に気を付やうに候へとも左にてはなく候 気は一心に満る事にて候得共腰には一入心を付る所にて候」

 解読しにくいかもしれませんが「腰と申候得ば腰計に気を付やうに候へとも左にてはなく候 気は一心に満る事にて候得共腰には一入心を付る所にて候」というところを稽古で工夫してください。


 貫汪館居合講習会を7月11日(日)に開催いたします。今回の講習会では太刀打・詰合を中心に稽古します。貫汪館HPの無雙神傳英信流抜刀兵法の稽古のページを御覧になり、どなたでもご参加ください。 

 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場の稽古は毎週水曜日 城南中学校剣道場 19時~20時45分です。興味のある方は 無雙神傳英信流抜刀兵法 久留米道場の《稽古日時・場所》に記してある連絡先からご連絡ください。
 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場のホームページ(←クリックしてください)です。
  1. 2010/06/27(日) 21:25:34|
  2. 柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
ご質問のある方は貫汪館ホームページに記載してあるメールアドレスからご連絡ください。記事へのコメントではアドレスが記されてないため返信ができません。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ