FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

高上極意夢想心鏡明鑑之巻

 太田尚光著『弘前藩の武芸伝書を読む』は弘前藩の林崎新夢想流と宝蔵院流の伝書とその解説をしている書です。
その前半部分の林崎新夢想流の伝書の解説は、非常に深く、また伝書そのものにも興味深いものがあります。
 その中の林崎新夢想流の伝書「高上極意夢想心鏡明鑑之巻」は居合というものをはっきりと述べててあり、居合がいかなるものかがよくわかる伝書です。とはいっても漢文のままでは難しく、読み下しにしてある文も難解かもしれませんが、解読を試みてください。タメを作って一刀両断だの、気で制してなどという空理空論とは程遠い内容です。
 弘前藩へは常井喜兵衛という方が伝えたようですが、飛んでいる燕を抜付けに両断したり、額に大豆をつけさせておき抜付けに両断するほどの達人であったようです。しかしながら大酒のみで身持ちが悪く終わりはよくなかったようですので、武術の技が優れていても、これが必ずしも人間性と結びつかない事を示しています。さて引用します。


高上極意夢想心鏡明鑑之巻

抑 居合は、夢想明鑑至極の秘術、動静黙然として終る。
鋒刀に逢い、進むことなく退くことなくして打発す。是れ関将軍の太刀を奪い得て、手に入るるが如し。
 生死岸頭に於いて大自在を得、六道四生に向かいて一超直入、如来の地とならん。
 本を得て末を愁うるなかれ。誠に瑠璃は宝刀を含み、真を求めず妄を断たざるが如し。
了知二法は空にして無相なり。無相は無空・無不空即ち是れ真実の相、心鏡明鑑無礙なり。右の兵術これなり。秘すべし
 唯授一人。
 承応三申午暦(一六五四)極月五日の満暁会
夢に告げて争う
       常井 喜兵衛


 居合とはこのようなものであって、そこには、ああしようこうしよう、一刀両断に、タメを作ってなどという賢しらな人知をさしはさむものでは有りません。
 稽古の最初から業としての無念無想を求めるという事も、これを読めばわかると思います。


 劇団夢現舎が6月18日(金)、20日(日)第三回ルナティック演劇祭(下北沢小劇場「楽園」で公演を行います。パンフレットを御覧いただき是非お出かけください。

       3File0558.jpg       1File0556.jpg       2File0557.jpg

 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場の稽古は毎週水曜日 城南中学校剣道場 19時~20時45分です。興味のある方は 無雙神傳英信流抜刀兵法 久留米道場の《稽古日時・場所》に記してある連絡先からご連絡ください。
 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場のホームページ(←クリックしてください)です。
  1. 2010/06/12(土) 21:25:15|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
ご質問のある方は貫汪館ホームページに記載してあるメールアドレスからご連絡ください。記事へのコメントではアドレスが記されてないため返信ができません。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ