FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

極意は己の内にあり

 長年稽古していても、「感じる事と想像する事」の違いがおわかりになられていない方がおられますので、道場で指導していることではありますが、あらためて述べてみたいと思います。
 たとえば時に応じて、「天地人を貫いており、己の体の中心を通っている線を感じる」というお話をしますが、これを感じることができないために、実際には存在しないものと思い込み、感じようとする努力もせず、自分の考えを優先し、「体の中心を貫く線を想像する」というかってな解釈をされてしまうことがあります。たとえ初心者には感じ取れなくとも実際に存在するものであるので、私は「感じる」という表現を用いています。それを追求すること無しに想像して作り出して、それで良しとしていたのでは、いつまでたっても稽古は進みません。
 また、「腕の重さを感じて」とお話する時に、たとえ今まで腕の重さを感じずに生活していた人であってもそれを「腕の重さがあると想像」していたのでは稽古はそこから進むことはありません。実際に腕の重さは存在しており、自分に感じ取れるだけの繊細さが備わっていないだけなのですから。
 「感じる」とは存在するものを認識することであり、「想像する」とは存在しない物を自分の思いで作り出すことをいいます。
 無双神伝英信流でも渋川一流でも極意は己の内にあります。無双神伝英信流抜刀兵法の師 梅本三男貫正先生も 渋川一流柔術の師 畝重實嗣昭先生も己を磨き内なる極意を見出すことを大切にされました。決して自己に備わっていない物を一枚一枚身に付けて(作り出して)いくわけではないのです。
 よくよく工夫してください。
 
 
  1. 2007/07/21(土) 00:38:01|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ