FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

「柔らかいということ」

 渋川一流柔術 七尾道場長の論文です。何も解説を加える必要がありません。初心者の方はよく読んで理解してください。上達の方法についてしっかりと書かれています。


「柔らかいということ」

 柔術を稽古することにおいて、「柔らかい」とは?高木流體術拳法の片岡健吉は『體術道標』の最初の一文のところで、「夫體術者四體和ラカ二シテ自カラ力ノ行届クヲ専要トス」と「柔らかい」事の重要性を説いています。体・四肢を柔らかにして、自らの力が体の隅々まで行き渡ることが、柔術を稽古する者にとって重要であるということです。ここで、重要なことは「四體和(柔)二シテ」の部分だと思います。「柔らか」になることで、身体の内に調和がうまれ、自らの力(筋力ではなく臍下丹田からの力)が初めて体の隅々まで行き渡り、業が自然に極まります。それでは、「柔らか」になるには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。
 まず、初めのうちは身体のあちらこちらにある筋肉の固まり、力みを一つ一つ感じ取ることから始まると思います。その後、それらの固まり、力みを取り除いたのちに、その状態を保ったまま稽古をすることが大切だと考えます。稽古は形稽古が中心となりますが、形を覚える事に気をとられ、動きが止まったり、筋肉が固くなることは、絶対に避けなければならないことです。また、業を極めようとして、無理に力を入れることも避けなければなりません。そうすることで、次第に身体の力み、固さが無くなり、自分の中心(線)が感じ取れてくるようになり、心身の調和が生まれてきます。
 身体の固さが無くなり柔らかくなると、身体の重さを感じられるようになります。また、呼吸も自然と深くなり、次第に臍下丹田に納まるようになるでしょう。中心が臍下丹田に納まり、身体の重さを感じると、そのまま床に身体をあずけきります。身体は柔らかく、どこにも力みの無い状態を保ったままです。注意することは動くことを焦らない事です。焦ることで身体のどこかに力みが生まれ、柔らかさは失われてしまうからです。柔らかさが無くなれば、再び、力み、固さを無くす稽古を始めます。ある意味、稽古はこの繰り返しではないでしょうか。動けないからといって焦らず、床に身体をあずけさらに柔らかくなることで、自然に無理なく動けるようになるでしょう。また、臍下丹田から身体の隅々まで力が行き届き、相手とのつながり調和が生まれ、自然と業も極まるようになっているでしょう。
 最後に、今まで述べてきたように「形を覚えようとする」・「業を極めようとする」・「動こうとする焦り」などから起こる固さは、心がそれらに凝り固まるために起こることだと思います。あるいは「今までに身についた動きや癖」もそうかもしれません。初めのうちは、「形」・「業」にこだわることなく、とにかく身体を柔らかくして、大きくスムーズに動くべきだと考えます。心は絶対に素直であるべきでしょう。次第に、呼吸を深く大事にしながら、心を静かにして稽古を重ねるべきだと考えます。「~をしたい」という欲を無くし、心を柔らかく何ものにもとらわれることがなく、自然で無理無駄の無いことが柔術(武道)ではないかと考えます。つまり、柔術において「柔らかい」とは、身体の柔らかさはもちろんですが、心の柔らかさにその主な意味があると考えます。 

 参考文献 
『広島県立廿日市西高等学校 研究紀要第11号 平成14年度』
「無雙神傳英信流の研究(1)――土佐の武術教育と歴代師範及び大森流の成立に関する一考察――」
                          著者 森本邦生 先生


 本年、第一回目の居合道講習会は施設の関係で3月7日に変更いたします。場所は七尾中学校武道場です。講習会では「抜付け」をテーマとして大森流・英信流表の稽古を致します。

 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場の稽古は毎週水曜日 城南中学校剣道場 19時~20時45分です。興味のある方は 無雙神傳英信流抜刀兵法 久留米道場の《稽古日時・場所》に記してある連絡先からご連絡ください。
 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場のホームページ(←クリックしてください)です。
  1. 2010/02/10(水) 21:25:46|
  2. 昇段審査論文

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ