FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

読む

 私がこれまでに発表した日本武道学会の発表抄録は解読した資料も含めて各支部に渡していますが、時々話をしていて話がかみ合わないときがあります。資料を読んでおられないいようです。史料を解読して資料として添付してあっても幕末の文語で難しいためか読もうとしない、理解しようとしなければ深いところまでは理解できません。難しくても必ず資料に目を通し理解しようとしてください。
 その部分に私たちが稽古している流派の知識がかなり入っています。

IMG_9180a.jpg

  1. 2021/05/01(土) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

刀を右に廻す

 大森流の方で斬撃後切先を右に廻し肩に担ぐとき、切っ先は地を這うように床からわずかににはなれて右に廻っていきます。この床からわずかに離れて右に廻る動きを、おろそかにしてしまう方が多いので記しておきます。

 臍下に重心が落ちていなければ切先は高くなります。
 柄を握っていれば切先は高くなります。
 切先に遠心力が働かなければ(刀を形・腕・手の内を緊張させて保持していれば)切先は高くなります。
 血振いをすればよいのだろうと安易に考えていれば切先は高くなります。

工夫してください。大切な動きです。
 
20200805_112123a.jpg
  1. 2021/05/02(日) 21:25:00|
  2. 居合 業

血振い

 大森流の血振いで刀を下した時に前傾してしまう方は縦軸の引かれとれていません。刀を肩に担いだ時に体に無理がなく切先が引力に引かれて床をさしていればそれを頼りに体の中心軸を意識することができ歪んでいるかどうかを確認することができますが、刀を振ろうとばかり思っていると、その時点で意識が前がかり、刀を振り下ろした時には上体は前がかってしまいます。ってしまいます。
 刀を肩に担いだ時に正しく切先が床に引かれていれば、それをたよりに体をまっすぐ引き上げます。刀は振り下ろそうとせず、下腹につながったまま、落とすだけです。

20200805_112041a.jpg
  1. 2021/05/03(月) 21:25:00|
  2. 居合 業

批判を受ける

 もう、ずいぶん前に日本武道館を定年された方が「批判を受けなければ研究とは言えないし、よい研究はできないから」と広島藩の武道史を細々と調査していた私に日本武道学会に入り発表しなさいと強く勧めてくださいました。武道学会に入れていただき何よりもよかったのは、何のために研究するのかということがはっきりしたことでした。ただ単に知識を持つのではなく、歴史の研究であっても未来を拓くために研究はあります。そのためにはどういう面に光を当てるのか、何が大切なのかはおのずとわかってきます。
 古武道の場合には演武会や奉納演武が発表の機会で、師や同門にしっかりと自分の業をみてもらえます。

IMG_9043a.jpg
  1. 2021/05/04(火) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

目標

 労働の対価として金銭を受け取る職業とはことなり、古武道の稽古を集中して行うためには何らかの目標が必要です。その目標が試合のない古武道にとっては昇段審査と演武会です。
 貫汪館では段階的に形・手数を習得していくことが昇段審査につながっていますので、ここに至るまでにはここまでの形・手数の習得が必要だということがはっきりしています。ある段を得たら次の段までに、この形・手数と、あの形・手数を習得しておかなければならないという目標も持ちやすいので、指導者が門人の上達を導くのも難しくはないと思います。
 演武会も目標を持って稽古するためには必要です。演武会では何の形・手数を演武するということがあらかじめ決められていますので、それに集中して取り組むことで自分の問題に気付き克服していくことができます。
 昇段審査も受けず、演武会にも出ることなければ、人はただだらだらと稽古をしているだけになり、目標もなくやる気もなくなっていきます。

IMG_9052a.jpg
  1. 2021/05/05(水) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

イメージ

 剣道を経験している方は、幕末の大石神影流の防具着用の稽古にも現代剣道のイメージを持ってしまうようです。つまり手数と防具着用の試合稽古は別物で防具をつけたら現代剣道の動きをしなければならないと思うようなのです。
 これまで何度か武道学会の発表資料で示しているように現代剣道と、幕末の大石神影流の防具着用の稽古(これは戦中、戦後も続きます)は大きな違いがあります。現代剣道では試合の基礎として剣道形を一生懸命稽古する方はいません。試合のための稽古は防具をつけて面打ちや、抜き胴、抜き面などの稽古で身に付けます。しかし、大石神影流ではそのようなことはしません。手数の稽古が全てのもとで防具を付けたら試合稽古のみをします。したがって防具を付けた時の動きは手数の動きそのもの、そしてその変化になり、面を打ってから、前方に進んでいくこともありませんし、飛び跳ねることもありません。
 たとえ話をしますが、現代剣道を見たことも聞いたこともない人に剣道形の稽古だけを1年間毎日させて、その後防具をつけさせて試合をさせたら、現代剣道のような動きになるでしょうか?想像してみてください。
 現代剣道をされる方の中には流派剣術を稽古される方もおられるようですが、そのような方の防具をつけての動きもやはり現代剣道です。

IMG_9083a.jpg
  1. 2021/05/06(木) 21:25:00|
  2. 剣術 総論

広報

 一般の方は古武道に関する知識はほとんどありません。したがって、どれが正しく伝えられている流派なのか、どれが新しく作られた「古武道」や古い流派を名乗りながら新たにたくさん飾りを付け加えている流派なのかはわかりません。
 そのなかで、正しく伝えられている流派が残っていこうとすれば広報の力に頼るしかありませんが、広報は新しく作られた「古武道」や新たにたくさん飾りを付け加えている流派のほうが得意です。大阪支部とたまに稽古が重なる流派は、あきらかにたくさん飾りを付け加えている流派であるにもかかわらず、若い方がどんどん増えているそうです。目新しい技と広報の力は大きなものがあります。

IMG_9071a.jpg
  1. 2021/05/07(金) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
ご質問のある方は貫汪館ホームページに記載してあるメールアドレスからご連絡ください。記事へのコメントではアドレスが記されてないため返信ができません。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ