無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

間合

 2月11日(火・建国記念の日)9:00~12:00 一般の方を対象とした横浜講習会を行います。
講習内容は大石神影流剣術 試合口と陽之表10本全てです。
これまで参加されたことがない方でも参加いただけます。
大石神影流に興味がある方はご参加ください。

 
Special classes of both Oishi Shinkage-ryu kenjutsu & Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heiho at Yokohama Branch
9:00 - 12:00 Oishi Shinkage-ryu kenjyutsu (swordsmanship)

横浜支部のホームページをご覧になり
お申し込みください。
http://kanoukan-yokohama.jimdo.com/横浜講習会のお知らせ/



 素抜き抜刀術の稽古では想定した敵の間合が遠くなってしまう事があります。特に基本の斬撃においては想定が敵が自分に迫ってくるというものではないため、初心者の方にはその傾向が強いように思います。
 斬撃の稽古では自分が進むにつれて想定した相手が遠ざかってしまう傾向にあり、振りかぶったところからさらに遠くを斬ろうとして大きく歩を進め、自分の姿勢を崩していることがあります。このようなときには振りかぶったときには想定した敵を目の前におくように試みてください。
 また敵がこちらに斬りかかってくるという想定の方であっても、なかには想定した相手が動くことなく、動かない敵にこちらから抜きつけておられる場合もあります。こういった時にもやはり前に出すぎていることがありますので自分の姿勢の崩れに気付けば、想定も見直してみてください。

先日、九州に行った帰りの関門橋です。釣り船が多く出ており大きな船は汽笛を鳴らしながら通っていました。
kannmonnDSC04806.jpg
  1. 2014/02/01(土) 21:25:15|
  2. 居合 業

なじみのない動き

 2月11日(火・建国記念の日)9:00~12:00 一般の方を対象とした横浜講習会を行います。
講習内容は大石神影流剣術 試合口と陽之表10本全てです。
通して稽古いたしますが、これまで参加されたことがない方でも参加いただけます。大石神影流に興味がある方はご参加ください。 
Special classes of both Oishi Shinkage-ryu kenjutsu & Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heiho at Yokohama Branch
9:00 - 12:00 Oishi Shinkage-ryu kenjyutsu (swordsmanship)

横浜支部のホームページをご覧になり
お申し込みください。
http://kanoukan-yokohama.jimdo.com/横浜講習会のお知らせ/


 現代剣道を経験した方で大石神影流の手数を稽古されると奇異に感じることもあると思います。
 たとえば、打ち込む(斬り込む)だけでなく右片手中心で左手は添え手にしてすり切ったり、両手で刀を持っているのに相手の刀を片手で防いだり、両手で刀を持っているにもかかわらず、片手で斬撃をしたりという動きは、現代剣道の価値観から見ればおかしなものだと思います。
 しかし、よくよく稽古していけばなるほど理のあることだという事に気付くと思います。また大石進によって用いられるようになった片手付きの技も、片手での斬撃を稽古していれば必然的に生じるものであり、無理のある動きではないという事に気付くとも思います。おかしな動きだと感じられたら、その理を考えてみてください。

 父の家の前庭の紅梅の蕾です。ほどなく咲くと思います。
kouDSC04855.jpg
  1. 2014/02/02(日) 21:25:09|
  2. 剣術 総論

基本

 2月11日(火・建国記念の日)9:00~12:00 一般の方を対象とした横浜講習会を行います。
講習内容は大石神影流剣術 試合口と陽之表10本全てです。
これまで参加されたことがない方でも参加いただけます。
大石神影流に興味がある方はご参加ください。 
Special classes of both Oishi Shinkage-ryu kenjutsu & Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heiho at Yokohama Branch
9:00 - 12:00 Oishi Shinkage-ryu kenjyutsu (swordsmanship)

横浜支部のホームページをご覧になり
お申し込みください。
http://kanoukan-yokohama.jimdo.com/横浜講習会のお知らせ/



 基本という言葉からイメージするものは、カチッカチッと鋳型にはまったように動けるようになることというイメージがありますが、このようなイメージを持っている方はそのイメージを変えなければなりません。
 基本とは自分の心と体の無理無駄をなくし、滑らかに動けるようになる事であり、鋳型にはまったように動けるようになることとは対極にあるといってよいほど異なるものです。一度鋳型にはまったような動きを身につけてしまうと、武道の稽古の目的である自由に働けるようになる事からは遠ざかってしまいパターンどおりの動きしかできなくなってしまいます。このような状態になるのは一人稽古が初心のうちの中心となる居合に多いのですが、初めから二人で組になって稽古する柔術であっても人によっては、そうなることがあります。指導する方は気をつけなければなりません。

父の家の前庭の椿です。
tuDSC04853.jpg
  1. 2014/02/03(月) 21:25:42|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

思い込み

 2月11日(火・建国記念の日)9:00~12:00 一般の方を対象とした横浜講習会を行います。
講習内容は大石神影流剣術 試合口と陽之表10本全てです。
これまで参加されたことがない方でも参加いただけます。
大石神影流に興味がある方はご参加ください。 
Special classes of both Oishi Shinkage-ryu kenjutsu & Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heiho at Yokohama Branch
9:00 - 12:00 Oishi Shinkage-ryu kenjyutsu (swordsmanship)

横浜支部のホームページをご覧になり
お申し込みください。
http://kanoukan-yokohama.jimdo.com/横浜講習会のお知らせ/



 初心者の中には自分自身の武道のイメージを強く持った上で稽古を始められる方がおられます。
 居合であれば刀は速く抜くものという思いです。そのような思いがある方はただただ速く抜きたいだけで、柄を握りこみ右手で刀を引っこ抜いて自己満足しておられます。相手に対して自分の刀が有効な働きをしているのか、届いているのかも考えることはありません。ただ速く抜くだけです。
 柔術であれば、相手にダメージを与えるために強く投げつけよう、強く極めようという思いです。強く投げるためにしっかりためを作ってから投げる。また強く極めるために一度動作を止めてから改めて力を込める。こういった動きがどのように自分に隙を作っているのかがわかりません。
 はじめから思い込みを強く持っている人を指導するにはこの思い込みをなくす指導から入らねばならないのですが、指導はかなり困難であるといわざるを得ません。

前庭に咲いていた雑草の花です。
zatuDSC04857.jpg
  1. 2014/02/04(火) 21:25:27|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

劇団夢現舎の俳優の方の感想文1

 2月11日(火・建国記念の日)9:00~12:00 一般の方を対象とした横浜講習会を行います。
講習内容は大石神影流剣術 試合口と陽之表10本全てです。
これまで参加されたことがない方でも参加いただけます。
大石神影流に興味がある方はご参加ください。 
Special classes of both Oishi Shinkage-ryu kenjutsu & Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heiho at Yokohama Branch
9:00 - 12:00 Oishi Shinkage-ryu kenjyutsu (swordsmanship)

横浜支部のホームページをご覧になり
お申し込みください。
http://kanoukan-yokohama.jimdo.com/横浜講習会のお知らせ/


 1月19日(日)に行った横浜講習会の感想文を講習会に参加された劇団夢現舎(←クリックしてください)の俳優の方がお送りくださいましたので5回連続で掲載させていただきます。貫汪館で稽古されてる方は俳優の方がどのような感覚で指導を受け取っておられるのかを学んでください。学ぶところが多くあるはずです。


森本邦生 さま
先日の講習会に参加させていただいた〇〇といいます。 
当日はありがとうございました。
初めて参加させていただいたのですが、力の抜き方や呼吸の仕方などとても学ばせていただきました。
体の芯がしっかりとあれば、刀を握る力や振り下ろす力はいらないのですね。
殺陣をやっていたときにも、手は添えるだけで良いと言われたことがあるのですが、その意味がとてもよくわかりました。
午前中のみ参加させていただいたのですが、学ぶことは多くありました。
ありがとうございます。
また、参加させていただきたいと思いました。



  1. 2014/02/05(水) 21:25:29|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

劇団夢現舎の俳優の方の感想文2

 2月11日(火・建国記念の日)9:00~12:00 一般の方を対象とした横浜講習会を行います。
講習内容は大石神影流剣術 試合口と陽之表10本全てです。
これまで参加されたことがない方でも参加いただけます。
大石神影流に興味がある方はご参加ください。 
Special classes of both Oishi Shinkage-ryu kenjutsu & Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heiho at Yokohama Branch
9:00 - 12:00 Oishi Shinkage-ryu kenjyutsu (swordsmanship)

横浜支部のホームページをご覧になり
お申し込みください。
http://kanoukan-yokohama.jimdo.com/横浜講習会のお知らせ/


 1月19日(日)に行った横浜講習会の感想文を講習会に参加された劇団夢現舎(←クリックしてください)の俳優の方がお送りくださいましたので掲載させていただきます。貫汪館で稽古されてる方は俳優の方がどのような感覚で指導を受け取っておられるのかを学んでください。


森本先生
先日は貴重な時間を過ごさせて戴き、ありがとうございました。
前回は参加出来なかった為、皆から噂を聞きウズウズしていました。
今回、短い間時間でしたが丁寧に沢山の事を教えて戴き驚きと発見が沢山ありました。
生死をかけた生き方をしていた人達は、とても繊細に生きていたのですね。
力ではなく腹で戦っているという感覚が面白かったです。普段大雑把に生きている私には難しすぎましたが…。
居合や殺陣だけではなく、色々な事に通じる物凄い事を教えて頂いているんだろうな、と感じながらもまだ纏まりません。
11日に、また是非参加させて戴きたいと思っております。
どうぞ宜しくお願い致します。
少し暖かくなってきましたが、まだまだ寒い日が続きそうです。御体ご自愛下さい。

  1. 2014/02/06(木) 21:25:42|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

劇団夢現舎の俳優の方の感想文3

 2月11日(火・建国記念の日)9:00~12:00 一般の方を対象とした横浜講習会を行います。
講習内容は大石神影流剣術 試合口と陽之表10本全てです。
これまで参加されたことがない方でも参加いただけます。
大石神影流に興味がある方はご参加ください。 
Special classes of both Oishi Shinkage-ryu kenjutsu & Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heiho at Yokohama Branch
9:00 - 12:00 Oishi Shinkage-ryu kenjyutsu (swordsmanship)

横浜支部のホームページをご覧になり
お申し込みください。
http://kanoukan-yokohama.jimdo.com/横浜講習会のお知らせ/


 1月19日(日)に行った横浜講習会の感想文を講習会に参加された劇団夢現舎(←クリックしてください)の俳優の方がお送りくださいましたので掲載させていただきます。貫汪館で稽古されてる方は俳優の方がどのような感覚で指導を受け取っておられるのかを学んでください。


森本先生へ
一月の大寒も過ぎ、東京は暖かいような気がする日も出ていますが、広島はもっと暖かいのでしょうね。
お身体お変わりありませんでしょうか?

先日の講習会、大変お世話になりました。
芝居の稽古の他に、様々な小竹林さんメゾットをわたわたとやっている自分ですが、森本先生のお教えと繋がるところが多々あり、何かを極めている人に共通するものに触れているというのはいつか財産になるのだろうな それはなんだろうな と、模索する毎日です。
考えてもわからないから身体を動かしますが、森本先生の仰っていた「力を抜く」怖いよ や、丹田や、こうやらなきゃダメだと頭ばかりで目が怖くなる自分としては、普段言われている 足の裏に落とす ということだと思いはしたのですが、やはり難しいです。
しかし、刀を持つときにいただいたお話の「赤ちゃんの手」をやってみると稀に、雑な動きがなくなるなどしてきました。

いまの自分の身体を扱うということは、すごく単純なようで、心と繋がっているから厄介だと感じています。
力を抜くことは難しいですけれど、森本先生、小竹林さんのような先人にせっかく恵まれたので、たくさんヒントをいただいて、自分の芝居 生き方に反映していこうと思います。

貴重なお時間、ヒントを頂戴いたしまして、誠にありがとうございました。

またお会い出来るのを楽しみにしています。
  1. 2014/02/07(金) 21:45:46|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

劇団夢現舎の俳優の方の感想文4

 2月11日(火・建国記念の日)9:00~12:00 一般の方を対象とした横浜講習会を行います。
講習内容は大石神影流剣術 試合口と陽之表10本全てです。
これまで参加されたことがない方でも参加いただけます。
大石神影流に興味がある方はご参加ください。 
Special classes of both Oishi Shinkage-ryu kenjutsu & Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heiho at Yokohama Branch
9:00 - 12:00 Oishi Shinkage-ryu kenjyutsu (swordsmanship)

横浜支部のホームページをご覧になり
お申し込みください。
http://kanoukan-yokohama.jimdo.com/横浜講習会のお知らせ/


 1月19日(日)に行った横浜講習会の感想文を講習会に参加された劇団夢現舎(←クリックしてください)の俳優の方がお送りくださいましたので掲載させていただきます。貫汪館で稽古されてる方は俳優の方がどのような感覚で指導を受け取っておられるのかを学んでください。


森本邦生先生へ

初春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度は、講習会に参加させていただきありがとうございました。

午前中の内容では、上手に「はる」ことができなかったので、身体の流れを使えるようになろうと思いました。
先生に見ていただき、真っ直ぐになる姿勢を意識、改善できました。ありがとうございました。

午後の内容では、刀を抜くところからの動きに苦労しました。
ペアの方にも気づいた所を教えてもらいつつ、少しずつ掴むことができました。
攻めていき一度引いてまた打つなど駆け引きがあり、相手との間合いを計るなど芝居にも通じると感じました。

私は全体を通して力が入ってしまいがちだったので、柔らかく立つ姿勢を保てるようになりたいと思いました。

森本先生にみていただき、教えていただいた「中心、真っ直ぐを崩さないこと」。意識して、普段の稽古に活かしてまいります。

まだまだ寒さが厳しいですが、くれぐれもご自愛ください。
それでは失礼いたします。
  1. 2014/02/08(土) 21:25:41|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

劇団夢現舎の俳優の方の感想文5

 2月11日(火・建国記念の日)9:00~12:00 一般の方を対象とした横浜講習会を行います。
講習内容は大石神影流剣術 試合口と陽之表10本全てです。
これまで参加されたことがない方でも参加いただけます。
大石神影流に興味がある方はご参加ください。 
Special classes of both Oishi Shinkage-ryu kenjutsu & Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heiho at Yokohama Branch
9:00 - 12:00 Oishi Shinkage-ryu kenjyutsu (swordsmanship)

横浜支部のホームページをご覧になり
お申し込みください。
http://kanoukan-yokohama.jimdo.com/横浜講習会のお知らせ/


 1月19日(日)に行った横浜講習会の感想文を講習会に参加された劇団夢現舎(←クリックしてください)の俳優の方がお送りくださいましたので掲載させていただきます。今日で最終回です。貫汪館で稽古されてる方は俳優の方がどのような感覚で指導を受け取っておられるのかを学んでください。


森本邦生様

先日は講習会に参加させて頂きありがとうございました。

朝の体育館のあの寒さと床の冷たさは小・中学校時やっていた空手の練習以来かもしれず、懐かしくもありました。
懐かしさはさておき、不思議なもので稽古が始まると激しい動きはしていないというのに寒さなど忘れていました。

相手の刀を「はる」、あの世界がガラッと変わるような動き。とても面白く、奥深さを感じます。

今回新たな発見と思ったことが二つありまして、一つは力の抜き方です。
今までは「力を抜く…力を抜く…」と思っていると手・肘・肩の力をなんとか抜こうとして意識が上半身に集まり、結果力は抜けていなかったのだと思います。今回は「お腹がボテっと出てる感じで落ち着いて」という風にアドバイスして頂き、新しい感覚を得る事が出来ました。すると自然と考えなくとも手・肘・肩などの力は抜けるのではないかと思いました。

もう一つは雰囲気です。
森本先生とも内住先生とも少し組ませて頂きお手本を間近で見る事が出来ましたが、そこで感じたお二方の醸し出す雰囲気(オーラ?なんと言えば良いのか分かりませんが)が衝撃的でした。
僕の勝手な表現ではありますが、森本先生は地中深くまで根をおろしゆったりと柔らかく包み込むよう、それでいて確かな力強さがある。そんな印象で、内住先生は無駄なく鋭く突き刺さり、殺されてしまうような印象でした。

芝居でも「雰囲気」は大事な事で、これによって言葉ではない何かを観客に伝えることが出来ると思っています。
お二方から感じた印象がまさにこれではないかと思いました。

大変有意義な時間でした。ありがとうございました。
また2月11日にも参加させて頂きたいと思います。
  1. 2014/02/09(日) 21:25:59|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

攻める


 大石神影流剣術の手数では多くの形が攻めることを重視しています。一般に言われている日本剣道形の構えのように八相や脇構えは相手の動きを観るためだという考えはありません。脇中段であっても車であっても、たとえ手数の手順がどうあれ相手を斬るためのの構えであるという事を忘れてはいけません。
 陽之表の「二生」では相手が斬りかかりこちらは後方に下がって下段に下ろしますが、このとき、切先が死んでしまう方がおられます。この動きは下段から相手を攻めるためですので思い違いをしてしまうと手数が求めている動きを養う事ができなくなってしまいます。

 横浜市金沢区の金沢八景にいる次男に三浦半島の南端の城ケ島を案内してもらいました。城ケ島の灯台です。歴史がある灯台でした。
toudai1DSC04882.jpg
toudai2DSC04881.jpg
  1. 2014/02/10(月) 21:25:51|
  2. 剣術 総論

形の中の隙

 何の形を稽古するにも、思い違いをすると形と形の間に隙ができてしまいます。
一本目が終わり、「さあ2本目」と思った瞬間は隙ですし、また、1本目が終わり「次の構えをとろう」と思う瞬間も隙になってしまいます。
 形は初めの礼法から終わりの礼法まで気を抜くことなく気を入れ替えることなく続けて使えることが理想です。心を切り替えていたり、気を抜いていた方は思いをかえて稽古してください。

城ケ島から見た伊豆大島です。
01DSC04896.jpg
  1. 2014/02/11(火) 21:25:35|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

鼠蹊部の緩み

 鼠蹊部が緩まない方はどれだけ稽古時間をとっても流派の動きを観につけることは困難です。無雙神傳英信流抜刀兵法も澁川一流柔術も大石神影流剣術も突っ立ったままに技がかかるようには形が作られていないからなのです。他流派は別ですがこれらの流派で上達しようとしたらまず鼠蹊部を緩める工夫をしてください。
 そのためには日々歩いている時、立っている時、座しているとき、椅子に座っているときにも心掛けていなければできるようにはなりません。
 突っ立ってしまう方は、その姿勢の方が良いと小さなころから心に自分自身で刻み込んでいますので簡単に道場の中だけの稽古で変化していくことはないのです。四六時中心掛けて変化してください。技の習得はそのあとの事です。


城ケ島から見た房総半島です。驚くほど近くにありました。
02DSC04902.jpg
  1. 2014/02/12(水) 21:25:47|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

横浜講習会

 11日(火・建国記念の日)、横浜で講習会を行い大石神影流剣術の構え、素振り、試合口5本、陽之表10本全てを通して稽古しました。

 これまで参加していただいた方が大半だったため、大石神影流の構え、素振り、試合口5本、陽之表10本、陽之裏も3本までを稽古できました。
 皆さん非常に熱心に稽古していただき、試合口5本は全員通しでできるほどに上達されました。講習会のみ3回の参加で最初の5本は体得された事になります。試合口5本の中で「張る」という大石神影流独特の動きもほとんどの方が体得されていましたので著しい上達であると思います。
 集中して取り組んでいただけるとここまで上達されるものかと感心しました。あとは荒削りの動きを精密にしていけば稽古した手数はマスターできると思います。
 次回の講習会は少し間があくと思いますが、これまで稽古された手数を忘れられないように一人稽古していただくと次回の稽古も楽であるかと思います。一人稽古のコツは呼吸に載せ、力みをなくして正しく動くことです。
 もっと稽古をしたいと思われた方は横浜支部に入門していただくようにお勧めいたします。


城ケ島の地質です。
tisituDSC04898.jpg
  1. 2014/02/13(木) 22:16:09|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

動き

 大石神影流の手数を稽古すると体が動かなかったり、体がばらばらに動いている方は周りからもはっきりと見えてしまいます。
 体の切り替えがきかず右半身から左半身への移行がもたついたり、手の内を返して相手の連続した動きを押さえることができなかったりします。
 原因はいくつもあるのですが、初心の方は木刀を使おうとして肩・腕・手首を用いてしまい、体と腕と刀がばらばらになっているのです。このような方は基本的な動きから身に着けなければ手数の稽古をいくら行っても正しく手数が身につくことはありません。お教えしてある素振りを正しく毎日行い動きの基礎を身に着けてください。
 また、体を力ませているため各部が自由に動かないということも原因になります。特に肩に力みが入る方は体幹と肩から先の動きはバラバラになってしまいます。肩を用いない努力をしてください。初めは不安になりへたになったと感じるかもしれませんが、やがて変わり始めます。


海水は透明度が高く透き通っていました。
03DSC04890.jpg
  1. 2014/02/14(金) 21:25:09|
  2. 剣術 総論

 貫汪館で稽古して上達しなかった方の上達しなかった原因は主に心にあります。
 どのような心の状態で稽古しておられる方が上達していなかったかを記します。

 上達していると見せたい
 やったと自己満足したい(実感を得たい)
 自分が(流派が求めている事ではなく)満足できる動きをしたい
 そんな事が上達につながるとは思わない
 自分がしたい様にしたい
 形なのだから簡単にできるはずだ
 技は自分の方が上
 知識は誰にも劣らない
 他の事をしてきたのだから、ゼロからではない
 自分の他種目の経験が役に立つ
 自分の方が年齢が上で経験豊富

 他にもありますが、厄介なのは自分で気付かなくても、無意識のうちにこれらの事が心にあることです。素直でなければ上達は難しいのです。


波打ち際には貝殻の破片がたくさんありました。
04DSC04912.jpg

 
  1. 2014/02/15(土) 21:25:01|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

足の裏が硬い

 立姿勢で上半身がなかなか緩まない方の多くは足の裏が硬いままになっています。足の裏も緊張がなくなり床にベターと広がってなじむ状態であるべきものが、足裏が硬い靴底の靴を履いた状態のようになっており、床となじむどころか反発しているために上半身を緩めようとしても下半身かそれを許さないのです。
 正座した状態であれば床と接地している脛が硬ければ上記の状態になりますので、大森流の居合や澁川一流の御膳捕打込が難しくなります。
 上半身が緩まない方は工夫してください。

波打ち際にも8日に降った雪が残っていました。
05DSC04914.jpg

  1. 2014/02/16(日) 21:25:54|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

現代剣道と古武道

 現代剣道は刀を用いる動きではないと批判されることがありますが、私は現代剣道のほうが古武道に比して人間的に素晴らしい方が多いと考えています。
 それはたんに形のみの稽古をして、しかも見せようとして見栄えを求めているのか、実際に相手と竹刀を交えて自分の至らぬところを打ち込まれて自分の未熟さを知ることができるのかの差異であると思います。
 貫汪館で稽古される方は、少しでも自分に慢心が生じれば、それを断ち切り謙虚に己の至らぬことを知るように勤めなければなりません。上達すればするほど己の至らぬところが見えてきて、慢心は決して生じぬはずのものです。

 大石神影流剣術の稽古では防具着用の稽古もしますが、その稽古を通じて自分の未熟さを知ることを心がけねばなりません。


壊れた船が岩に乗り上げていました。釣り道具なども散乱していましたので廃船ではないようです。
06DSC04916.jpg
  1. 2014/02/17(月) 21:25:01|
  2. 剣術 総論

天狗界

 無雙神傳英信流居合兵法の師 梅本三男貫正先生の下に古神道に造詣の深い兄弟子が居られました。
 陸軍士官学校を出られた方で師よりも年上でしたが、よく師を補佐され、私にとっては兄弟子というよりも精神的に師のような存在でした。
 その方があるとき「森本君、一生懸命に稽古しても天狗界におちるようなことになってはいけません。技ばかり競い他者よりも勝ろうということだけになってしまう。天狗界に落ちればなかなか抜け出せるものではありません。」と話してくださいました。その頃は私も若かったので、技を工夫することが悪いこととは思いませんでしたが、その真意が次第にわかってきました。
 技を工夫するのは悪いことではありませんが、武道を道と捉えるとき、心と技とは切り離して考えてはいけないものなのです。ただたんに技を求めることは現代において新しいより効率的な兵器を開発することと本質的にはかわりません。向上するためには武道における技は自分自身の心と不可分の技でなければならないのです。

波の力と風化で岩に穴が開いていました。
07DSC04923.jpg
  1. 2014/02/18(火) 21:25:55|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

素晴らしい人の側にいるだけで

 私が大学生になる前、無雙神傳英信流居合兵法の師 梅本三男貫正先生が「素晴らしい方のそばにいさせていただくだけで、お話をしていただかなくても感化を受けて自分の向上につながる。」とお教え下さった事があります。
 大学に行くようになってこれまで出会えなかった素晴らしい方にお会いするようになり、どのような方に出会ったかを広島に帰り稽古に行く度に先生にお話しました。先生はその話を喜んで聞いてくださいました。
 修行という面からは筑波大学で佐藤成明先生に出会いお話をうかがうことができましたし、学問の上では中林信二先生にご指導をえることができました。また仏教のお話では慈悲そのものであるようにも感じられた奈良博順という先生にもお会いすることができました。大学を出てからもマッカーサーの秘書の一人であったマーガレットさんはじめ、いろいろな方に感化を受けました。
 貫汪館で稽古される方は機会があれば自分の世界を広げてください。

傾きかけた日がの光が海面に反射していました。
08DSC04944.jpg
  1. 2014/02/19(水) 21:25:21|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

感化

 昨日は感化ということについてお話しましたが、悪い方向に感化を受けてしまうことがありますので心しておかなければなりません。
 たとえ、名の知れた古武道の先生であっても、修行の方向性を間違え慢心の塊であったり名誉欲の塊であったり自己顕示欲の塊である方も中には居られます。また学者やその他の分野にもそのような方が居られます。それと気付かずに近くによってしまえば悪いほうの感化を受けてしまいます。
 また、それとわかっていても、そのような方の側にいれば憤りや怒りといった自分の向上には負となる感情が生まれ結果として悪い方向に感化を受けてしまいます。
 よくよく気をつけなければなりません。


波が描く模様は見あきることがありません
09DSC04931.jpg
  1. 2014/02/20(木) 21:25:10|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

稽古に次はない

 稽古で習ったことはできればその場で身につけなければなりません。もし無理であったとしても可能な限り次の稽古までに身につけておかねばならないものです。
 本質的に古武道は試合のために稽古するものでもなく、演武会や奉納演武のために稽古するものではありません。いついかなる時に起こるか分からない不測の事態に備えるために稽古するものです。その不測の事態は稽古が終わって帰る途中に起こるかもしれませんし、帰宅したときに起こるかもしれません。そのようなときに「まだ習得していないから待ってくれ」とか「日を改めて」と言えないのが古武道のありようです。
 したがって、スポーツなどと同様に、その上達の過程を述べることはできません。習ったものはその場で身につける覚悟が必要とされます。

10DSC04945.jpg
  1. 2014/02/21(金) 21:25:18|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

自分の興味関心のあるところではなく

 流派にはそれぞれの教習体系があります。したがって、その教習体系に則って稽古しなければ上達は難しいとしか言いようがありません。
 稽古を始める前に居合や剣術・柔術に何らかのこだわりや思いを持っておられる方が稽古を始められた場合、流派の教習体系に則って教えても自分の興味関心が他のところにあるので、なかなかそれを会得しようとされない事があります。
そのような方は上達し始めることが無いので、どのような人であるのかを初めに見定め、よくよく稽古というものについて理解していただいてから体を動かしていただかなければなりません。
 極端な例を述べましたが、人には多かれ少なかれこのような傾向はあるものです。指導された事が如何にも遠回りのように思えても、実は近道である事は多いものです。


11DSC04947.jpg

  1. 2014/02/22(土) 21:25:39|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

 今から述べることは、言葉にこだわらずに稽古中に指導を受けたことをもとに聞いてください。
 集中することが上達につながるのは初めのうちであり、上達してきたら、いつまでも集中にこだわることはやめなければなりません。
 初心、あるいは中級者に差し掛かるまでであれば自分自身や相手に集中して稽古することは間違いではないのですが、ある段階に至れば形の手順も体で覚えており、自分自身の動きも自由になってきます。そうなれば、どのような状況にも応じる必要が出始め、相手が形の手順を間違えようが、あらぬ方向からかかってこようが対応できるようになっていく必要があります。集中していれば相手の動きに自分をとられてしまいまいます。心を開放していかなければならないのはそのような段階に至ってからです。
 はじめは不安を覚えるかもしれませんが、すこしでもなれはj目れ刄体も心もより楽になるのを感じると思います。その段階に至った方は、心も持ちようを変えてください。

12DSC04971.jpg

 
  1. 2014/02/23(日) 21:25:56|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

形・手数の上達の段階

 ここで述べることは居合の素抜抜刀術の稽古ではなく、主に無雙神傳英信流抜刀兵法の太刀打や詰合、渋川一流柔術の形や大石神影流剣術の手数などの二人で組になって行う形・手数の事です。とはいっても上達してくれば素抜抜刀術にも共通して言えてくることではありますので間違えないでください。
 ごく初心者の内には手順を覚えることが精一杯で二人で行っているにもかかわらず、相手の心の状態も読めず、ただ相手の動きのみを見て、それに合わせて動こうとする段階です。
 次の段階では、手順は覚えていますので相手との動きや心の調和を求めなければなりません。
以前述べたように

来たれば則ち迎え、去れば則ち送り、
対すれば則ち和す。
五五の十、 ニ八の十、 一九の十
是を以て和すべし。


という段階です。ここまで至ればかなりのレベルにあり、周囲からみているものは攻防のための形であるにかかわらず、そこに調和を感じるようになります。
 この段階に至る前に陥りやすいのは見事に見せたいという邪心から来る動きです。相手の動きに如何にも素早く突け入ろうとしたり、必要もないのにより強く打ちこもうとしたり、はろうとしたりする動きです。全くの素人で武道とはそのようなものだというイメージを持った方にはうける動きかもしれませんが、そこには上に述べたような調和はありません。自ら調和を乱し隙を作り出しています。
 さらに目指す段階があります。形・手数がさらに上達したもの同士が行う場合は相対するものだけでなく、その存在する空間が和している状態になければなりません。それは侵すべからざる空間です。


 城ケ島には多くの捨て猫がいました。なんとか食事ができている猫、がりがりに痩せている猫、猫風邪をひいている猫。人を見たらまず逃げようとする猫、はじめから近づこうとする猫。まず逃げようとする猫は人に追い払われたりひどいことをされた猫で人に対する警戒心が強い猫です。
 猫は寒さに弱い動物です。猫は動物だから大丈夫だとばかりに平気で捨てるひどい人もいますが、猫は人に飼われることによって現在の猫へと進化していきました。寒さにはとても弱い動物です。小さな猫は猫風邪をひき冬を越せずに亡くなってしまいます。
 今は猫までペットショップで自分の気にった姿形の猫を飼う時代になってしまいました。雑種の捨て猫はなかなかかわいがってもらえません。ペットショップなどで猫を買う事をせず、捨て猫を飼ってやってください。猫を飼ったことが無い人でも猫を身近に置けば、動物に個性があり、意思があり、うれしい、悲しい、さびしい、幸せといった感情を持ち、猫だけに対してだけでなく人を含めてた他を思いやる感情を持ち、自分を犠牲にして他のために尽くすといった行いもすることがわかります。人と変わることが無い、時によっては人以上の存在であると感じると思います。

n1DSC04883.jpg
n2DSC04877.jpg
n3IMG_0545.jpg
n4DSC04957.jpg
  1. 2014/02/24(月) 21:25:42|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

大石神影流の演武について

 4月5日の貫汪館本部講習会と4月6日の広島護国神社奉納演武会のお知らせを貫汪館ホームページのお知らせのページに載せました。ご確認ください。

 大石神影流の演武では正式な演武において刃引を用いることもありますが、鞘木刀で代用いたします。したがって大石神影流を稽古しておられる方は木刀の鞘は必ず準備してください。刃引の代用ですので可能であれば栗形をつけ、下緒もつけてください。作成方法は様々で市販の物を2本つなげても良く、革鞘を作成してもよく、塩ビで作成されても構いません。和紙に羽牛を塗り固めて本格的に作成された方もおられます。
 また、正式な演武に際しては脇差または短刀をさしますので、真剣を所持していれば鯉口のしっかりした真剣を、模造刀を所持していれば模造刀を用いてください。大石神影流の稽古に用いる小太刀の寸法はおおむね総尺1尺8寸、刀身1尺3寸2分、柄4寸5分、鍔と切羽の間3分です。これに近い脇差があればそれにこしたことはありません。
 木刀で演武する時には革鍔を用いてください。プラスチックの鍔は安価ですが、どうしてもそれなりの演武にしか見えません。紋付で演武しているのに足元は白いソックスという感じになってしまいます。

父の家の紅梅です。
koubaiDSC05011_201402232106088d0.jpg
  1. 2014/02/25(火) 21:25:57|
  2. 剣術 総論

目付

 大石神影流剣術を稽古するときに目付が疎かになる方がおられますので述べておきます。
 目は相手の目につけることが基本です相手の剣を張ったり、抑えたり、左右に動いたりする動きになるとどうしても自分の目が相手からそれ相手の剣についてしまうこともあります。
 どのような時に自分の目付がそれているのか確認しながら。稽古して修正してください。

 無雙神傳英信流抜刀兵法においても澁川一流柔術においても変わることはありませんので自分自身を省みてください。

父の家の白梅です
hakubaiDSC05003.jpg
  1. 2014/02/26(水) 21:25:23|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

攻める

 大石神影流の手数の稽古では常に相手を責める気構えがなければなりません。
 たとえはじめ後方に下がる手数であっても自分の心が後方に下がる事にあっては次の動きは出てこず、稲妻や乗身、大落の手数の打太刀のようにただ相手に攻められて何もできずに終わってしまいます。
 澁川一流柔術の稽古では初めに履形で「捕」は前に出ることを習います。無雙神傳英信流抜刀兵法でも初発刀で前に出ることを習います。澁川一流柔術や無雙神傳英信流抜刀兵法を稽古してきているのになぜか大石神影流の手数の稽古では相手に押されて前に出損ねる方がおられます。渋川一流柔術や無双神伝英信流抜刀兵法が正しく稽古出来ているかどうか見直さなければなりません。

春らしくなってきました。
maeniwa1DSC05013.jpg
  1. 2014/02/27(木) 21:25:59|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

基本

 無雙神傳英信流抜刀兵法は非常に微細な動きの積み重ねです。基礎から積み上げていかなければ、次の段階の動きは習得できません。
 無双神伝英信流抜刀兵法が要求する手の内が出来ていなければ私たちが用いる比較的長めの刀が重く感じるのは当然のことで、手の内よりも早く手順を習いたいと思われた方はいくら形の稽古に入っても刀が自分の体と一体となる事はありません。
 形の稽古に入る前に歩く稽古をしてそけい部の緩みを体得させようとしているのに歩くことくらいできるとばかりに、床を蹴って歩き形だけの歩く稽古をしていたら虎乱刀などの立ち技ができるはずはありません。
 基本をおろそかにしてしまえば後の上達に大きく響いてしまいます。

我が家の前庭に咲いています。

maeniwa2DSC05017.jpg
  1. 2014/02/28(金) 21:25:34|
  2. 居合 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ