無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

大石神影流(気先を掛ける)

 大石神影流の表十本は既にお教えしているところですが、表十本の形のうち「二生」「乗身」の形には気先を掛けるという動きがあります。
 この気先を掛けるという動きは渋川一流柔術の履形における動きのような起こりを抑えるというものとも異なります。渋川一流柔術で起こりを抑えるのは相手の動きを読み動き初めを抑えています。
 しかし気先を掛けるというのは相手の動き初めをとらえているのではありません。動きではなく相手の心の起こりをとらえるのです。たとえば打とうとする、その思いが浮かび始めたところ、振りかぶろうとする、その思いが浮かび始めたところです。その心の起こりをつかれるので相手はさがらざるを得なくなるのです。
 初めの表十本から難しい内容を含んでいますが、人の心の変化を読む工夫を重ねていかなければなりません。

 次の久留米での指導は11月26日(土)15:00~19:30の間、久留米市武道館小道場で行います。興味のある方は見学にお越しください。

 次回の貫汪館居合講習会は12月4日(日)です。講習内容は「大小詰」と「奥居合座業」です。貫汪館ホームページをご覧になり、年齢や性別、経験等の有無にかかわらずどなたでもご参加ください。

 劇団夢現舎の公演No.27「黄金時代(仮)」が11月19日(土)から12月4日(日)まで新高円寺アトラクターズ・スタジオで行われます。東京在住の方、この期間に東京に赴く機会のある方は是非観劇にお出かけください。「黄金時代(仮)」と劇団夢現舎については下記をご参照ください。
 「黄金時代(仮)」(←クリックしてください)
 劇団夢現舎(←クリックしてください) 

 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場の稽古は毎週水曜日 荘島体育館 軽運動室 19時~21時です。興味のある方は 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場のホームページ(←クリックしてください)の《稽古日時・場所》に記してある連絡先からご連絡ください。
  1. 2011/11/21(月) 21:25:59|
  2. 剣術 業

張る(大石神影流)

 講習会で行った大石神影流の試合口の一本目の「一心」、2本目の「無明一刀」、4本目の「須剱」にはそれぞれ相手の刀をこちらの鎬で受けて張るという動きがあります。
 体の遣えない人は、この動きを手首のスナップを効かせて行うと思ったり、両手前腕を瞬間的に動かして行うと勘違いされてしまうようです。
 しかしこの動きは臍下丹田の動きを伴わない程度の微細な振動ともいえる動きが自分の鎬に伝わることによって行われるものですので、振動が伝わらないような堅い体をしていればできうはずもありません。大石神影流では初手から体が遣えることを求めているのです。結果のみ早く求めようとする方は至ることができず、工夫を重ねる方のみが至れる動きです。この段階で弟子は振り分けられてしまいます。

 3月17日(土)16:00~20:00の間、久留米市の 北野コスモス館交流ホール(久留米市北野町高良1706番地1)で無雙神傳英信流抜刀兵法の指導を行います。興味のある方は見学にお越しください。

貫汪館広島護国神社奉納演武は4月1日(日)9:30から行います。

無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場の稽古は毎週水曜日 荘島体育館 軽運動室 19時~21時です。興味のある方は 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場のホームページ(←クリックしてください)の《稽古日時・場所》に記してある連絡先からご連絡ください。
  1. 2012/03/15(木) 22:45:37|
  2. 剣術 業

素振り

  5月19日(日)9:30-16:00、貫汪館居合講習会を行います。今回の講習は「大森流」「英信流表」の各形の理合を会得する事を中心に稽古します。貫汪館HPの無双神伝英信流稽古のページをご覧いただき、どなたでもご参加ください。。

 木刀で素振りをなす時、ただ振ればよいのではなく、刀の動きが体と調和し臍下は刀の動きの中心となり、いささかも刀にとられる事があってはいけません。
 大石神影流では振りかぶった時切先が体の後方に来るような動きはしませんが、この振りかぶり方も臍下が中心となるのは勿論のことで、また呼吸に乗せて刀が廻るのも無双神伝英信流抜刀兵法と変わる事はありません。素振りは一人で稽古出来る事ですので、怠らず稽古する方は基本となる動きが身につき、手数の稽古に入っても苦労する事はありませんが、素振りができない方は手数の稽古をしてもただ手順を追うだけになってしまいます。
 5分間毎日素振りの稽古をすればその効果ははっきり表れ、していない方との差が歴然と表れてきます。

  1. 2013/05/07(火) 21:25:21|
  2. 剣術 業

構え

 前回の講習会で大石神影流の手数の稽古をいたしましたが、その際に気になったことを数日にわたり述べていきます。
 構えについてですが、中段から上段にとったり、中段から附けにとったりする動きを見てもお分かりのように全ての構えは「構える」ということに居つくことはありません。「構える」ことに居つく方のほとんどは心に力みがあったり、下肢に力みがあったり、あるいは「構え」という言葉に居ついて「構えてしまう」方です。
 はじめの中段は手を差し出すこともなく、形を固めることもありません。右片手で刀を下にだらりと下ろしただけの状態を保ったまま刀は中段の構えに位置します。
 全ての構えは「構える」ということはなく、刀がたまたまそこに位置しているだけなのだという意識を持ってください。
  1. 2013/06/05(水) 21:25:05|
  2. 剣術 業

張る

今日は試合口にある「張る」という動きについて述べます。この動きは臍下丹田の働きが刀に伝わって振動となり鎬で張るのですが、現象だけを捉えて肩先や手先で行ってしまうと業になりません。また臍下丹田の働きが刀に伝わるためには下肢は緩み、そけい部も緩んでいなければなりません。
また、張ったあとは切っ先は相手の中心に指向しているのですが、これは振動が戻ったことによりますので手で張って手で戻すわけではありませんのでご注意ください。
 まず緩めるところから始めてください。

  1. 2013/06/06(木) 21:25:27|
  2. 剣術 業

突き

 今日は手数の中での「突き」の動作について述べます。手数にあらわされる「突き」の動作は他の切り込む動きなどの動作が相手に木刀が当たる前に木刀の動きを止めるだけで相手との距離の関係で相手に木刀が到達しているのに対し、「突き」の動作は相手に到達していないところで切っ先が止まっていなければなりません。
 そのため体を緊張させ固めて手が出ないようにされる方も居られるのですが、そのようにする必要はありません。下半身を前に進めるだけで切先は前に出て行きますので実際に突かない限りはほとんど手を用いることはありません。相手の顔を突く動作は突くほうも緊張しますが、下半身の出る量を加減し上半身は楽に用いて切っ先を刺突部位に志向させていくだけで十分です。
 
  1. 2013/06/07(金) 21:25:43|
  2. 剣術 業

小手

 小手を切る動きは小さな振幅でこれを行います。どうしても振りかぶりが大きくなってしまう方が居られますのでご注意ください。
 人によっては、小さくというと刺すような動きにされる方も居られますが、これは切る動きとはなりません。またスナップを使っているわけでもありません。正面を切るときの動きの振幅が非常に小さくなった動きですので工夫してください。

  1. 2013/06/08(土) 21:25:50|
  2. 剣術 業

構えと素振り

 9月8日(日)に横浜で行う貫汪館横浜支部講習会のお知らせを貫汪館H.Pのお知らせのページに載せています。
 大石神影流剣術の講習と、無雙神傳英信流抜刀兵法の講習を行います。どなたでも参加いただけますので貫汪館横浜支部のホームページからお申し込みください。筋力を用いる稽古は行いませんので女性の方やシニアの方も歓迎いたします。

Special classes of both Oishi Shinkage-ryu kenjutsu & Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heihou at Yokohama Branch will be held on 9th september.
see the page below.
http://kanoukan.web.fc2.com/english/foregin/new.html

 大石神影流の刀の振り方は無雙神傳英信流と異なる振り方をします。また構えも独特なものがあります。したがって基本的な稽古を積まなければいくら手数の稽古をしても手順は同じだけれども、それでは大石神影流ではないということになってしまいます。
 構えは似た構えであっても同じものと考えずに構えのバリエーションが増えたのだと思い、別物として稽古すれば会得できると思いますので、毎日欠かさずに稽古してください。部屋の中でも柄の長さの物があれば稽古できることです。
 振りかぶりから切りおろしの動きは普段無雙神傳英信流で稽古している動きとはまったく異なりますので体にしみこませるしかありません。素振りの稽古をしていなければまっすぐに切り下ろすべき太刀筋が斜めになってしまいますので、打太刀がこれを行うと手数の条件が崩れてしまいます。また仕太刀であっても、手数の動きが多くあり、受けて、打ち込み、また動いて打ち込みという動きになった場合も太刀筋が斜めになってしまうと手数の条件が崩れてしまいます。
 身にしみるまでゆっくり静かに素振りの稽古をしてください。
  1. 2013/07/26(金) 21:25:12|
  2. 剣術 業

阳剱

 9月8日(日)に横浜で行う貫汪館横浜支部講習会のお知らせを貫汪館H.Pのお知らせのページに載せています。
 大石神影流剣術の講習と、無雙神傳英信流抜刀兵法の講習を行います。どなたでも参加いただけますので貫汪館横浜支部のホームページからお申し込みください。筋力を用いる稽古は行いませんので女性の方やシニアの方も歓迎いたします。

Special classes of both Oishi Shinkage-ryu kenjutsu & Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heihou at Yokohama Branch will be held on 9th september.
see the page below.
http://kanoukan.web.fc2.com/english/

 大石神影流の阳剱の手順が曖昧になっている方が居られますので記しておきます。
 阳剱は打太刀が右足を踏み込んで仕太刀の正面に切り込むところを仕太刀はそれに乗り打太刀の正面を切ります。仕太刀が切り込むときには間合の関係もありますが、右足を踏み込みます。ここが曖昧になるともっとも大切な阳剱の理合を体得することができませんので気をつけて稽古してください。

  1. 2013/08/09(金) 21:25:35|
  2. 剣術 業

手の内

 9月8日(日)に横浜で行う貫汪館横浜支部講習会のお知らせを貫汪館H.Pのお知らせのページに載せています。
 大石神影流剣術の講習と、無雙神傳英信流抜刀兵法の講習を行います。どなたでも参加いただけますので貫汪館横浜支部のホームページからお申し込みください。筋力を用いる稽古は行いませんので女性の方やシニアの方も歓迎いたします。

Special classes of both Oishi Shinkage-ryu kenjutsu & Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heihou at Yokohama Branch will be held on 9th september.
see the page below.
http://kanoukan.web.fc2.com/english/

 刀の柄と手の内は刀を自分の体の一部とするための大切な接点であり、絶対に握りこむことはありません。握りこめば刀は自由に働けなくなってしまうのです。自分の体の関節がさび付いてガチガチであることを想像してください。
しかし、大石神影流や無雙神傳英信流抜刀兵法の初心者の方はどうしても柄を握ろうとされます。いくら指導しても、本人は物を自由に扱いたいがために握りこもうとされるのですが、小さな子供の箸を使うのが下手な状態や、鉛筆を使うのが下手な状態を思い起こしてください。自分自身がそのような状態になっているのです。
刀を手にするときに、自分自身の親指以外の指が柄を握ろうとしていないかどうか、自分自身に気を許さずに観察してください。自分自身を知ることなしに上達はしません。

  1. 2013/08/10(土) 21:25:36|
  2. 剣術 業

間合

 大石神影流の手数の稽古で時に間合がいい加減になっている場合があります。これは双方ともに総長3尺8寸の木刀を用いることにも起因していることですが、双方が長めの木刀を用いるので相対したときには通常の木刀よりも間合が遠くなります。
 これを正すためにはまず一人稽古で間合に対する自分の感覚を養う必要があります。次に手数の稽古を打太刀・仕太刀で行うときにお互いに間合については繊細になり、間合が狂っている場合にはお互いに気をつけて修正する努力をしなければなりません。
  1. 2013/08/12(月) 21:25:27|
  2. 剣術 業

続け打ち

 大石神影流で「稲妻」「大落」のように続けうちにするとき正面を打つ場合に正しく素振りの稽古をしていないと刃筋が狂うことがありますので注意してください。
 続け打ちをする場合に大石神影流の振りかぶり方が特殊なため、あせってしまうと正面を斬らなければならない場合でも表面(おもてめん)を斬る動きになってしまうことがあります。このような動きを指摘された方は素振りの稽古が不十分ですので、しいかりと一人稽古をしなければなりません。
 また上段に振りかぶったときに左右の拳が正しく位置していないこともあります。自分の構えを確認してください。  

m04DSC04054.jpg
  1. 2013/11/02(土) 21:25:22|
  2. 剣術 業

二生

 大石神影流剣術の二生の動きの留意点です。
 仕太刀が打太刀を追い込んだ後、手数の状況としては打太刀が切羽詰まり身動き取れなくなってしまったのでどうしようもなく仕太刀に斬り込みます。まずこの状況を理解してください。仕太刀は相手を切ってはいませんが追い込んでおり完全に優位な状況にあります。したがって心にも体にも緊張するところはありません。が、よくやってしまうのが追い込むことがかえって自分の緊張を作り、心をせかし、打太刀が動いてもないのにこちらから動いてしまう事です。このところは自分の心の稽古だと思い、心を鎮め相手の動きを観なければ理にかなった手数になりません。

m07DSC04057.jpg
  1. 2013/11/05(火) 21:25:05|
  2. 剣術 業

小手切り

 大石神影流の手数には小手を斬る動きも多くあります。大石神影流の稽古には比較的長い木刀を用いますので柄の長さも長くなります。また附けの構えでは左手は柄頭にかかりますので左右の手の開きがあります。また小手は小さな動きで斬ることしかしません。
 そのため自分の両手を梃子のように用いて相手の手首に当てるという間違った動きをされる方がおられますので正しておきます。両手の間隔は離れていても臍下からつながっているものであり臍下の流れは肩甲骨の下部を通って二つに分かれますが、柄から先はまた一つになるものです。したがって両手は共同して同じ動きをするものであり、ばらばらに動くものではありません。
 また、小手を切るのに小さな動きだからといって、たんに小手の表面に物打ちを位置させようとする動きをされる事あありますが、これでは斬ることができません。動きが小さくなっているだけで斬るという動きをしなければなりません。

m18DSC04176.jpg
  1. 2013/11/15(金) 21:25:34|
  2. 剣術 業

張る

 大石神影流の試合口5本のうち3本は「張る」という動きがあります。「張る」動きが出来ない方の全てに共通しているのが、体をかためて手を遣うということです。体をかためてしまう方の多くはこれまでの人生経験で身につけられた動きですので自分の思いを変えなければなりません。
 そのような方が「張る」動きを可能にするためには自分の体は非常に柔らかでどのようにでも動く可能性があるものである、柔らかさはかたさに勝るのだと観念するところから始めなければなりません。その後に体の動きを波の動きにしてください。波の最後が相手の刀を留めた鎬にいたることによって「張る」ことが出来ます。始めは目に見える形でもよいかと思いますが次第に眼に見えない波になり、それが瞬時に行えるようになってきます。
 工夫してください。


1月19日(土)に一般の方を対象とした貫汪館横浜講習会を行います。
※申し込みの先着20名様に2月9日に日本武道館で行われる日本古武道演武大会の御招待券(入場券)を差し上げます。
 9:00~12:00 大石神影流剣術 試合口と陽之表
 13:00~15:00 無雙神傳英信流抜刀兵法 詰合
Special classes of both Oishi Shinkage-ryu kenjutsu & Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heiho at Yokohama Branch
9:00 - 12:00 Oishi Shinkage-ryu kenjyutsu (swordsmanship)
13:00 - 15:00 Muso Shinden Eishin-ryu Iai Heiho

横浜支部のホームページをご覧になり
お申し込みください。
http://kanoukan-yokohama.jimdo.com/横浜講習会のお知らせ/


kou9DSC_0525.jpg
  1. 2013/12/25(水) 21:34:50|
  2. 剣術 業

「勢龍」「左沈」

 「勢龍」の下から仕太刀の脇腹を切り上げる動き、「左沈」の下から仕太刀の肘を切り上げる動きは惰性で行いがちになってしまうところです。
 この動きは打太刀の動きではありますが、無雙神傳英信流の「向払」の動きと同じであり、仕太刀はそれに対処する裏の動きを養っているといえます。
 したがって打太刀はこの稽古をしっかりと行い切り上げる動きで相手を倒せるような質を持たなければなりません。レベルが高くなければ仕太刀のレベルも低いままでよく稽古にはなりません。方の動きの意味をよく考えて稽古する必要があります。

hinaDSC05023.jpg
  1. 2014/03/03(月) 21:25:57|
  2. 剣術 業

片手斬

 大石神影流には片手で斬撃する手数がありますが、これは両手で使うところを単に片手遣いに変えたわけではありません。
 相手との間合の問題や、体を開く必要性などから片手使いへと変化しているものです。両手でつかう体勢そのままに片手で遣ってもそれは形の要求を満たすものではありません。答えを述べるのは簡単ですが、どのようなときに手数のなかで片手遣いとなっているのか、その理を考えてみてください。

 気づかぬうちに前庭に咲いていました。
1DSC05034.jpg
  1. 2014/03/04(火) 21:25:44|
  2. 剣術 業

構え

 大石神影流の「附け」や「上段」の構えは直接その位置に刀を持っていくことなく、遠回りをさせ半円を描いて、そこに位置させます。
 これは肚を中心とした動きと呼吸を学ばせています。初心の方は手順を追うことに気をとられるために、大切なことを忘れて小手先で刀をその位置に持っていこうとしますが大きな間違いです。まず正しい動きで始めなければなりません。手順は繰り返しているうちに自然と覚えるものです。

猿の被害にあうようになったため裏庭では野菜を作らなくなってしまいましたが、父の家では春に収穫する野菜は大きくなっています。
n1DSC05056.jpg
  1. 2014/03/09(日) 21:25:19|
  2. 剣術 業

上段の構え

 大石神影流の上段の構えにおいて切先は半円を描きながら上昇し、頭上に来ますが、そのままその位置にとどまるのではありません。
 既に述べている事なのですが腑に落ちておられないのか揚げっぱなしになっている方がおられます。頭上に上がった刀は少し下に降りることによって安定します。このわずかな動きが大きな意味を持っていますので手順の身にとらわれずに自分の体を用いて工夫してください。無雙神傳英信流抜刀兵法の太刀打の上段も目には見えませんが上に上がったところからややおりているものです。

 水仙も遅ればせながら咲きました。
suisennDSC05064.jpg
  1. 2014/03/15(土) 21:25:15|
  2. 剣術 業

手の内は柔らかく

 大石神影流の三學圓之太刀はそれまでの試合口、陽之表・裏に比べ変化が多い手数です。そのため心も体もより柔軟な働きをしなければ手数を使うことが出来ません。
 手の内の柔らかさはその指標となりますのでよく稽古で確認してください。動きながら体を止めずに斬りこむ手の内、打太刀の刀を受けて張る動きの手の内、体をかわしながら連続して斬りこむ動きの手の内など全ての手の内は柔らかくなければできません。
 柔らかければ、木刀が弾き飛ばされるのではないかとか、手から木刀が離れてしまうのではないかと不安を覚えると思いますが、よくよく試みて努めてください。

コケにも春が来ているようです。
kokeDSC05073.jpg
  1. 2014/03/16(日) 21:25:00|
  2. 剣術 業

残心

 大石神影流の手数で相手の正面を切り込んで手数が終わり後方に下がる場合、切先は相手の両眼の間を十低下なければなりません。下がることを意識してしまうと相手への残心がおろそかになり相手とのつながりが切れてしまうので気をつけなければなりません。
 相手の小手を斬って終わる場合、咽喉をつく場合には相手の両眼の間に切先をつけることはありませんが切先は相手に生きたまま指向していなければなりません。

 前庭のモクレンの新芽です。
mokurennDSC05097.jpg


  1. 2014/03/23(日) 21:25:12|
  2. 剣術 業

間合

 初心者の方が大石神影流の稽古は手順を覚えて。それだけで安心していれば怪我につながりかねません。
 手数の手順は決まっていても打太刀に立つ相手の有効な間合は人それぞれです。いつも稽古している相手はこの程度の間合で切先が自分に届くからと、違う者が打太刀にたっても自分で決めた通りにしか動かねば相手の切先は自分に届きます。仕太刀の稽古をする者は打太刀の出様によって自分の動きを変えていかなければなりません。それは始めて稽古する相手であってもそうあらねばならぬものなのです。
 また打太刀は相手の技量を判断して打太刀を努めなければなりません。仕太刀が初心者であればどの程度動けるかを判断した上で打ち込めば自分の稽古となります。

 暖かくなってきたので雑草の花も盛んに咲いています。
kusa1DSC05546.jpg
  1. 2014/03/25(火) 21:25:16|
  2. 剣術 業

上段、附け

 貫汪館広島護国神社奉納演武は4月6日(日)9:30~12:00、広島城内 護国神社儀式殿において行います。無雙神傳英信流抜刀兵法・大石神影流剣術・澁川一流柔術の奉納を行います。ご見学は自由です。

 大石神影流剣術の「上段」と「附け」の構えは臍下を中心に半円を描きながら上段に取、さらに下方へ下げることによって附けに構えます。
 この半円を描かせるのは手数のはじめだけであり、手数の途中で上段や付けにとるばあいはこのような動きは行いません。構えをとる動きの中で臍下を中心とした動きを稽古させているのですが、正しく行わねば上達にはつながりません。
 悪い意味で構えてしまう方のほとんどは右手が胸あるいは咽喉の高さにきたときに右肩をさらに上げようとしてしまい、臍下中心の動きが胸中心になり重心が高く体も硬くなっています。
 正しく動けていれば、右手が肩または咽喉の高さに来たときには両肘はかえって力みが抜けて下方に下がるような感覚を覚え肩は上がらないものです。工夫してください。

 こんなきれいな花が雑草の中に咲いていました。何の花でしょう?私の家の庭では初めて見たように思います。
zassouDSC05554.jpg
  1. 2014/03/29(土) 21:29:30|
  2. 剣術 業

撞木に構える

 貫汪館広島護国神社奉納演武は4月6日(日)9:30~12:00、広島城内 護国神社儀式殿において行います。無雙神傳英信流抜刀兵法・大石神影流剣術・澁川一流柔術の奉納を行います。ご見学は自由です。

 大石神影流の足は所謂撞木足に近い形になります。
 現代剣道の経験者には両足が90度近く開くのは難しいようで、体が開いているので足が自然とその位置に来るという方法はとりがたく、足をそのようにしようと勤められるように感じます。その結果、右足の踵と左足が交差するのですが、これは現代剣道の並行の足使いをそのまま90度に開くことによって起こります。現代剣道の左足の蹠骨部の位置を動かさずに左足の踵を内に寄せてしまうために起こることですので、いったん現代剣道の足の置き方から離れてしまわなければなりません。
 自分の肚の相手に対する角度を定め、それから下半身と上半身がそれに従うためにはどの位置が最も適しているかを探るところから始めてください。

 多比良港に着いたのが3時半であったため、そのまま南下して島原の乱の舞台であった原城跡へ行きました。城跡は海側は城であったことがわかりますが陸側は畑が広がっており、どこからが白であったのかよくわかりませんでした。最初の写真の地蔵は「ほねかみ地蔵」と呼ばれ、幕府側に皆殺しにされ、そのまま放置された人たちの遺骸を僧侶が集めたところに建てられたもののようです。

03DSC05109.jpg
04DSC05111.jpg
05DSC05114.jpg
06DSC05115.jpg
  1. 2014/04/01(火) 21:25:37|
  2. 剣術 業

 貫汪館広島護国神社奉納演武は4月6日(日)9:30~12:00、広島城内 護国神社儀式殿において行います。無雙神傳英信流抜刀兵法・大石神影流剣術・澁川一流柔術の奉納を行います。ご見学は自由です。

 大石神影流の構えでは前足のつま先は必ず相手に向きます。左半身になる脇の中段や、体が大きく開く車に構えたときに前に出た左足爪先が自分から見て右側に向く傾向がありますので注意してください。
 また車に構えたときには左手をゆったりと構えていなければ動きは硬くなってしまいます。左手の肘が引力によって下方に下りようとしているかどうかを感じてください。


 原城の海岸側の石垣です幕府軍が攻め落とした後、相当に破壊したようです。
07DSC05118.jpg

 原城跡にたてられた十字架と天草四郎の像です。
08DSC05125.jpg
09DSC05124.jpg
  1. 2014/04/02(水) 21:25:51|
  2. 剣術 業

素振り

 大石神影流の手数の動きが上達しない方は正しく素振りの稽古が出来ているかどうか見直してください。
 素振りは臍下丹田を中心として呼吸に載せて行っていただいていますが、呼吸をおろそかにして浅い呼吸で素振りを行っていれば重心も高くなり、臍下丹田から切先まではつながりません。数のみを考え質を忘れて臍下中心で行わず重心が上がっていれば、手数の全ての動きは重心が高くなり足が働きません。
 誤った素振りの稽古は手数の上達を阻害します。手数の上達のためには日々の正しい素振りの稽古をおろそかには出来ません。



 雲仙の古湯と新湯の間の白い土(温泉余土)におおわれた一帯を雲仙地獄というのだそうです。
39DSC05374.jpg
40DSC05373.jpg
42DSC05371.jpg
41DSC05372.jpg
 
  1. 2014/04/12(土) 21:25:32|
  2. 剣術 業

張る

 これまで何度も述べてきましたが「張る」動きについて理解されていない方がおられるようですので述べておきます。
 「張る」動きは大石神影流の手数には繰り返し出てくる動きですが、うまく出来ない方の問題点は同じところにあります。それは相手の刀と自分の刀が接触した箇所を動かそうとすることにあります。その思いを捨て臍下丹田の動きが接触した部分にいたることによって相手の刀を張る事が出来るのだと観念してください。手先を働かせることは知っていても臍下丹田を中心とした動きが出来ない方には難しいかもしれませんが、「張る」事を通じて臍下を中心とした身体感覚が養われてきます。工夫を重ねてください。

 1週間前に収穫した筍です。とらねば竹になってしまいます。
takenokoDSC05566.jpg


  1. 2014/04/21(月) 21:25:42|
  2. 剣術 業

足の開きと体の開き

 中段(真剣)に構えたとき正面に対する左足の開きと体の開きは用いる木刀や刀の長さ、柄の長さ、柄に対する両手の位置、自分の体の各部の寸法によって異なってきます。
 大石神影流では左足の開きの角度は90度までの開きを目安として各自異なります。手数で同じ長さの木刀を用いていれば身長が2mくらいある人と、160cmくらいの人では足の開き、体の開きは当然異なってきます。
 各自の適切な角度は各自で求めなければなりません。

 ほったらかしているチューリップが今年も咲きました。
chu-DSC05580.jpg
  1. 2014/04/23(水) 21:25:42|
  2. 剣術 業

稲妻

 大石神影流剣術の陽之表の「稲妻」は文字通り稲妻が走った時の様子を思い浮かべてください。
 一気に走って下りてきます。この様にたとえたのが「稲妻」という手数です。したがって三つの打ちは一つにつながっているかのごとく瞬時に行う必要があり、迅速でなければなりません。
 正面から内腿を斬るときには落差があるので、それほど振りかぶる必要はありません。工夫してください。

 毎年前庭のごく小さな木に花を咲かせます。名前は知りません。
h1DSC05588.jpg



  1. 2014/04/25(金) 21:25:54|
  2. 剣術 業

大落

 大石神影流剣術の陽之裏の「大落」の手数は続け打ちという面では「稲妻」と同じ種類の手数といえます。 違いは速さに重さが加わらなければならないところです。
 臍下中心に動けば重さは意識しなくても加わりますので省略しますが、上段から2回打つときの速さは下ろしては上げてまた下ろすという動きからは生まれません。上段から打ち込んだあとは切先の軌道は直線を描くのではなく曲線を描きます。普段の素振りのときに切先の軌跡を研究してみてください。

 この花も毎年前庭に咲いています。
h23DSC05590.jpg



  1. 2014/04/26(土) 21:25:34|
  2. 剣術 業

間合の工夫

 柔術を中心に稽古してきた方は刀や木刀、棒を手にして自分の手の届く範囲が遠くなったときの間合の感覚に疎い傾向があります。
 間合が正しく認識できていなければ有効な技にはなりません。
 自分の間合を知るためには壁にむかって切先が届くまで進んでみたり、庭の木の枝を相手にしてみたり、工夫をしなければなりません。ただ形の稽古をしていれば足りるというわけではありません。

 父の庭の鉢植えの花です。
h1DSC05661.jpg
  1. 2014/05/05(月) 21:25:43|
  2. 剣術 業

呼吸

We hold Kan ou-kan special course of lecture for 3 days from july 19 to 21st. For more information , see this page.
http://kanoukan.web.fc2.com/english/lecture/index.html
貫汪館特別講習会を7月19日から21日までの3日間開催します。詳細は以下のページをご覧ください。
http://kanoukan.web.fc2.com/event/index.html


 大石神影流の「張る」動きの大切さはこれまでにも述べてきたところですが、手先で「張る」癖がある方は呼吸に難があります。
 「張る」ときに呼吸を止めているために臍下中心に動けていないのです。「張る」ときには「ハッ」と声に出さずに短く息を吐き、その息に乗せて張ります。稽古してください。


 前庭に白いさつきが咲きました。
DSC05756.jpg
  1. 2014/05/10(土) 21:25:56|
  2. 剣術 業

斬組

We hold Kan ou-kan special course of lecture for 3 days from july 19 to 21st. For more information , see this page.
http://kanoukan.web.fc2.com/english/lecture/index.html
貫汪館特別講習会を7月19日から21日までの3日間開催します。詳細は以下のページをご覧ください。
http://kanoukan.web.fc2.com/event/index.html


 大石神影流には所謂、斬組をなす動きがありますが、これは澁川一流柔術が六尺棒を打ち合わせる動きとは異なっていますので区別してください。
 斬組む動きはお互いに相手に刀が届かぬ間合で打太刀、仕太刀ともに縦に真っ直ぐに斬り下ろした刀が交差します。したがって六尺棒の動きと異なり、刀は斜めに動く事はありません。
 お互いに相手の中心に斬り下ろしますので、場合によっては切先と切先がぶつかり合うこともあると思いますが、わずかの時間差があればお互いの木刀の鎬と鎬が擦り合わされる事によって音が出ます。バチンバチンと打ち合わせている方は動きを変えてください。


 庭の片隅に咲いていました。何という花でしょう。
DSC05759.jpg
  1. 2014/05/11(日) 21:25:43|
  2. 剣術 業

素振り

 大石神影流の手数にはこちらから攻め立てていく連座技があり、素早く振りかぶってすぐに斬り込むという動きをしなければなりません。しかし、この場合であっても臍下中心の動きが崩れてはならず、肩・腕中心に動いてなりません。
 素振りが正しくでき、ゆっくり動く場合には臍下中心の動きができているのに早く羽置くと、中心が崩れてしまうのは自分の心がそうさせています。
 正しく素振りの稽古を繰り返し自分を治めているようであっても手数の稽古で崩れてしまうようでは素振りの動きが不十分です。自分自身の心に自分がまけてしまわないように素振りを重ねて心をしっかり治めてください。

先日花が咲いていたポポに小さな実がついていました。
popoDSC06000.jpg
 
  1. 2014/05/23(金) 21:25:37|
  2. 剣術 業

附け

 大石神影流剣術には「附け」という構えがあり、これはそのまま相手を突くための構えですが手数の中では「附け」の構えから突く動きはほとんどありません。これは大石神影流では突きは当たり前の事であるためです。
 手数では仕太刀が「附け」の構えをしているときに打太刀が切ってきてこれにしたtが羽ジル動きが多くありますが、これは理合の上では仕太刀が「附け」の構えで打太刀に切先を附けており、打太刀は見身動き出来ぬところから無理に攻めてくるという事が前提になっています。
 そのような状態になるためには仕太刀の「附け」の構えが生きていなければなりません。手順の上では突くことはなくてもいつでも突ける状態になければならないのです。手順を考えて、これを疎かにしてしまうと大石神影流にはなりません。
 写真の「附け」の構えはつ手順を考えているために突く状態にはありません。

tsukeDSC06355.jpg
  1. 2014/06/23(月) 21:25:45|
  2. 剣術 業

礼法

 大石神影流剱術では上座に対する礼は折敷の礼です。これは外で稽古してたこととも関係し、また柳河藩主の武術の上覧が屋敷の前の庭で行われていたことと関係するのかもしれません。
 右膝をつき左膝はまっすぐ前方に向くため右足はやや斜め後方に下げます。この時左右鼠蹊部は十分に緩んでおく必要があります。またお尻の力みも無くさなければなりません。
 大小二本の鞘木刀を腰にしていると礼をしたときに鞘が邪魔になり背中が曲がりがちになりますが背は丸める事が無いよう注意しなければなりません。しっかり工夫してください。

reiDSC06351.jpg
  1. 2014/06/25(水) 21:25:38|
  2. 剣術 業

小太刀の構え

 大石神影流の小太刀は独特の構えをするのですが、そこに小太刀を置くと考えて構えると体が働かなくなってしまいます。
 何も持たずに立ち、臍下を中心に両手を上にあげ、その両手を左右に開き、腕は軽く伸ばしたまま下方に下ろしてきてください。両手が肩から下に下がる頃に臍下とのつながりがいい加減になってしまいがちなので気を付けてください。両手が斜め下45度位に来た時にも両手の指先まで臍下とのつながりがあれば、それが小太刀の構えに通じます。
 写真の構えではもう少しこの感覚を養う必要があると考えます。

備忘録
山川久蔵没年:嘉永元(1848)年,享年75歳,「歳よりて死出の旅路と竹の杖」


小太刀DSC06426
  1. 2014/07/01(火) 21:25:25|
  2. 剣術 業

 写真の構は大石神影流の「稲妻」や「大落」の打太刀が用いる構ですが、簡単なようで簡単に考えてしまうと稽古にはなりません。この構ができているかをチェックするポインをも述べますので各自確認してください。
 体は全て床に預けられている事。
 足の裏は柔らかい状態であり、床と反発しない事。
 手の内は生きて臍下丹田から切先までつながっている事
 頭頂から足裏まで、天から地の底まで、一本の線でつながっている事。
 上昇と下降の動きがその線を中心として螺旋のように同時に存在する事。

 脇差を帯刀しているときには左手は脇差の鍔にかかります。


構DSC06419
  1. 2014/07/02(水) 21:25:28|
  2. 剣術 業

上段

 大石神影流剣術の上段の構え。出来ない方は只刀を上にあげればよいとばかりに伸びをするように臍下丹田も自分の意識からなくし、肩も体から遊離させ刀を上に位置させています。
 何ゆえに、大石神影流では半円を描いて上段にとるのか、臍下丹田を中心とした動きをさせるためです。
 何ゆえに額の前に刀を位置させるのか。後は一打に刀を下すだけのためです。
 何を聞き、何を教えられたかを忘れ、自分のしたいようにだけ動いていては上達はありません。

 松江城に展示してある甲冑です。
DSC06555.jpg

  1. 2014/07/16(水) 21:25:15|
  2. 剣術 業

構え

 大石神影流を同じ時期に稽古を始められた方にも構えのレベルに差が見られますので、構えについての留意点をいくつか述べます。心に留め確実に実行してください。

 木刀を鞘からはずして真剣に構えるときも居合の抜きつけと同じく呼吸に基づくこと。

 附け・上段は半円に動いて構える最後は息をはくこと。正しく肚で呼吸できていなければ、附けは切先にまで意識がいたらず、手元がかたく、上段は肘が下りていないため切り下すときに新たに動きを起こさなければならなくなる。

 裏附けは切先を横に逃がして構えれば途中は隙だらけになる。

kamae8.jpg
  1. 2014/08/06(水) 21:25:56|
  2. 剣術 業

稲妻

 稲妻の二撃目は打太刀のうち腿を斬ります。しかし全体的に斬る位置が低くなり膝または脛に斬り付けている傾向があります。
 これは打太刀の受けが低すぎるために仕太刀が拳に斬り込んでしまわないように遠慮しているためにおこることです。打太刀は正しく導かねばなりません。

inazuma (2)


  1. 2014/08/07(木) 21:25:27|
  2. 剣術 業

太陽剣

 太陽剣は打太刀が斬り込んで斬るのを後方にかわして切り込みます。このとき、仕太刀が前に出るときに打太刀の斬りおろした木刀の切先が邪魔に感じる場合があると思います。
 打太刀が気を利かせすぎて斬り込んだ木刀の切先を膝の辺りまで下ろしている場合、仕太刀が気にしないことも多いのですが、打太刀は斬り込んだ木刀の切先を水平より下に下げるべきではありません。
 切先が気になる場合は仕太刀の体が打太刀に正対していますので気をつけなければなりません。半身になり、体が緩んでいれば切先が体にあたることはありません。工夫してください。

taiyou.jpg

  1. 2014/08/08(金) 21:25:31|
  2. 剣術 業

斬組

 張身や夜闇などで相手の木刀と切り結ぶときは、そのまま斬り下ろしてもお互いに切先が触れない位置で行います。この間合が取れていなければ、技が次に続きませんので気をつけてください。
 写真は他流派のものですが、このような感じです。

kirigumi.jpg
  1. 2014/08/09(土) 21:25:16|
  2. 剣術 業

片手斬

 夜闇、極満などの片手斬りは体が正対してしまわないように気をつけなければなりません。半身よりもさらに一重身に近くなります。できれば左右の手の木刀を持ち左右の木刀を無理がないように上に上げ静かに水平まで下ろし、頭を右に向けて木刀を見てください。この時上半身が頭の動きにつれて木刀のほうに向いてもかまいません。個人差はありますが、このときの体と木刀の位置関係が片手斬の位置関係に近いものです。
 もし正対に近くなってしまうときには理合が間違っている可能性がありますので自他の動きを検討してください。

  katate.jpg

  1. 2014/08/10(日) 21:25:51|
  2. 剣術 業

十文字

 「十文字」は張ると突くとが一つの動きでなされるべき手数です。張る、突くと二つに分けて動いては手数として意味を成しません。大石神影流の手数には大石神影流と聞いてイメージするほどは月の手数は多くありませんので「十文字」ができるようにならなければ大石神影流を稽古していると胸を張って言えるようにはなりません。
 といって張る動きを急ぐあまりに小手先になってしまうと、打太刀の技量が高く木刀に重みが加わっていると、張る効果はありません。呼吸に乗った足首、膝、股関節の抜き具合を工夫してください。

先日晴れた日に撮った裏庭のポポの実です。もう何度道標に載せたでしょうか。ぼーっとして過ごしても、多くの事をしていても時だけは流れていきとどまってはくれません。物事はなして実現したことのみ表に現れて動き出します。
P9070599.jpg



  1. 2014/09/09(火) 21:25:42|
  2. 剣術 業

亂曲

 「乱曲」では打太刀が左右の小手を続けて打ちますが、打太刀が木刀を途中で止めてしまったら、仕太刀はこれを防ぐことはできません。小手を防ぐのは受けるのでもなく目の前のハエをはらう動きでもありません。斬って来たのを地対地ミサイルをペトリオットが迎撃するように、迎え撃つのですから、途中で止められると迎え撃つ必要がなくなってしまいます。
 打太刀を勤める方は手数の意義をよくわきまえて使わなければなりません。

裏庭にいたバッタの写真です。
P9070606.jpg


  1. 2014/09/10(水) 11:25:21|
  2. 剣術 業

 「位」で仕太刀が、打太刀の附けに構えた其の時に、上段のまま右足踏み込み、真の位をもって先を掛けるのは、タイミングが大切です。
 起こりに対して右足踏み込むのではなく、附けにだそうとする動きが完全になろうとする寸前に真の位をもって先を掛けるのです。たとえば打太刀の附けが10%のときではなく98%のときです。
 このタイミングが異なると手数の意義が異なってきます。

 いつもみなれた景色です。横浜講習会のための上京ですが、日本古武道協会や全日本銃剣道連盟へのご挨拶は欠かすことができません。目に見えない出費は交通費だけでもかなりかかっています。こういう出費も組織として考えていかなければならないところです。古武道協会では法人格を持たない団体は行政から相手にされないという話をおうかがいしました。「先生のところはどうなっていますか」と。

DSC07815.jpg




  1. 2014/09/13(土) 21:25:09|
  2. 剣術 業

斬段

 「斬段」の張って小手に斬りこむ動きは、「張る、観る、斬る」が一連の動きの中で行われなければなりません。「観る」がなければ、ただ動きを続けているだけで刃筋が通っていないこともあります。心も体も止まることはないのですが、表面的には止まったように見えます。工夫してください。
上京する時、広島湾がきれいに見えました。

DSC07795.jpg


  1. 2014/09/14(日) 21:25:55|
  2. 剣術 業

半向

 打太刀の一撃目をかわす動きは出来ると思いますが、ニ撃目をかわす動きが苦手な方は多いようです。
 原因は立とうとすることにあります。立たずに木刀の動きが先導してそれによって体が動くようにするのです。木刀を後方にもっていけば、体と木刀が一体になっていれば体も動くはずです。動かなければ木刀を操ろうとする思いと、その思いが体に出ていますので基本から工夫してください。

上京の際見えた富士山です。
DSC07806.jpg
DSC07804.jpg

  1. 2014/09/15(月) 21:25:04|
  2. 剣術 業

長短

 「長短」の「張る」動きは小手先で張っているのか、臍下中心に張っているのかがよくわかります。
 小手先で張っていれば体が沈む動きと張る動きが一致しません。肚中心に張っていれば沈む動きと張る動きは一致します。
 うまく連動せずばらばらになってしまう方は他の張る動きについても検証してください。

小田原城のお堀です。
DSC07983.jpg


  1. 2014/09/16(火) 21:25:44|
  2. 剣術 業
次のページ

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ